電車遅延による遅刻――給料はカットされるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これからの梅雨の時期、悪天候で通勤ダイヤが乱れることが多くなってきますね。
5分や10分の遅延であれば、普段から少し余裕をもって行動すれば遅刻を回避することはできますが、電気系統トラブルによる遅延など、30分や1時間以上にわたって電車がストップしてしまう場合は、遅刻を避けることは難しいと思います。
こういった本人にまったく非のない理由での遅刻でも、賃金カットの対象となってしまうのでしょうか。

ノーワーク・ノーペイの原則

法律上、ノーワーク・ノーペイの原則により、会社は遅刻分の賃金を支払う義務はありません。
つまり、遅刻した分を給料から差っ引かれても、誰も文句は言えないのです。
しかし、それではあまりに厳しすぎると感じる人も少なくないでしょう。
そこで、就業規則等で、鉄道会社等が発行する遅延証明書の提出を条件として、遅刻扱いとせず、賃金控除も行わないとするルールを定めている会社もあります。
会社によっては、「10分以上の遅刻は遅延証明書の提出があっても認めない」「インターネットの証明書は不可」など独自のルールを設けていることもあるので、一度確認しておくことをお勧めします。

会社ごとにルールは異なる

遅刻に対する賃金の扱いは、あくまでも会社ごとの裁量で行われるものです。
以前勤めていた会社と今の会社のルールが違うということは、十分にあり得ます。
また現在、電車遅延による遅刻が賃金控除の対象となっていないからといって、社内ルールがいつ変わらないとも限りません。
いつもギリギリの出社や遅刻を繰り返していると、突然痛い目にあうこともあるかもしれません!
忙しい朝こそ余裕をもって出社し、気持ちのよい一日のスタートをきりたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
池田 三菜子

池田 三菜子株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

総務・経理を経て、現在は営業事務にて幅広く社員をサポート。20代は好き勝手生きてきましたが、一児の母となった今、時間の大切さを痛感中。
「効率化」「時短」「思いやり」を胸に、共感をいただけるお役立ち記事を発信していきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 時短勤務でも社保険に加入できる!平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る