外出時の口腔ケア、どうしてる?

kounaikenkou

6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。

今年の標語は「健康も 楽しい食事も いい歯から」。

健康な歯を保つ「8020運動」展開中

現在、歯科保健の分野では、8020(ハチマル・ニイマル)運動が提唱・推進されています。

高齢者においても歯の喪失が10歯以下であれば食生活に大きな支障を生じないという研究に基づき、
80歳になっても自分の歯を20歯以上保とう、という運動です。

口腔ケアの習慣づけを

歯磨きしているし、痛みもないから大丈夫と思っている方、
食後の歯磨きは、毎食後にできていますか?
オフィスや出先でのランチや間食の後の歯磨きまできちんとできていますか?

携帯用歯磨きを持ち歩いて、出先でも歯磨きができれば理想的ですが、外回りの仕事の方は、なかなかそういう習慣づけは難しいと思います。

そんな時は、、、

例えば、オーラルシート
市販のオーラルシートで歯を拭くといったことなら、出先でも簡単に口腔ケアができますね。

例えば、口をすすぐ
え?それだけ?と思った方。そうです。それだけでも効果があります。
ただ、虫歯の原因となる歯垢は口をすすぐだけでは取れません。
糖分を摂取した後は、そのままにしておくよりは虫歯予防に効果的といえます。
洗口液を用いると、口臭対策にもなります。

例えば、歯磨きガム
噛むことにより唾液の分泌を促します。
キシリトールなどを含むものは、虫歯の原因となる酸を抑える働きがあります。
ただ、あくまでもサポート的な存在です。

また、甘い飲み物は、水分補給の手段ではなく「間食」と捉えて、時間を決めて摂取するようにしたほうがよいでしょう。

歯科健診を受けましょう

会社の定期健康診断は受けていても、歯科健診について意識していない方は多いと思います。
平成11年 保健福祉動向調査の概況 歯科保健の調査結果(平成15年で調査終了)によると
1年間に歯科診療所や病院の歯科で、診療を受けたことがある者は35.1%となっており、性別にみると、男性33.2%、女性36.9%と女性が多くなっています。

年齢階級別にみると55~64歳が42.1%と最多。

25~34歳は31.2%、35~40歳は33.9%と少なめです。

若い人も歯と口の健康を意識して、半年に1回、もしくは1年に1回は歯科健診を受けるようにすると、「8020」も夢ではないでしょう。

中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

看護師勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験を、健康管理業務に活かしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 170628%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

    産休や育休で有給休暇は減ってしまう?

  2. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  3. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  4. 0517%e7%94%a8

    ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

  5. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

一目置かれる健康知識

  1. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  2. 180427_hashika
  3. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  4. mashin
  5. jiritu
  6. 1215-suiminbusoku1221
  7. kusuri
ページ上部へ戻る