どちらが長生きできるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「コップの水の捉え方で、寿命が変わる」

のどが渇いたあなたの前に、お水が半分入ったコップがある。

= あなたは、「もう半分しかない」と考えるか。それとも、「まだ半分もある」と考えるか。 =

前者は“先回りタイプ”で、後者は“お気楽タイプ”と言えるが、実はこの考え方のちがいによって、寿命が変わるという。
さて、“先回りタイプ”と“お気楽タイプ”では、どちらが長生きできる可能性が高いだろうか。

正解は、「まだ半分もある」と考える後者の“お気楽タイプ”だ。
「楽観的でご機嫌な気持ち」を持ち続けている人は、平均7.5~10年長生きするという研究報告がある。(2011.2月 科学雑誌『Science』)
食事や運動など、ほぼ同じような環境で暮らしていても、「幸せな人」、「前向きな人」は長生きするという。

心の持ち様は、寿命にも大きな影響を与える。
仕事やプライベートで多くのストレスや悩みを抱える現代人。
「くよくよしてもしょうがない」、「明るく前向きに物事を考えよう」と思っても、なかなか自分一人ではできないのも事実だが、だからこそ、友人をはじめとした周りの人たちの力を借りて、
楽しい環境や機会をつくっていくことが大切なのだ。

「孤独でない」だけで、死亡率が下がるということもわかっている。
病気の予防のために、食事・お酒・タバコなどの生活習慣に気をつかっている人も多いだろうが、加えて、長生きのために大切なポイントは、「心の持ちよう」である。
同じような生活習慣を送っていても、心のありよう次第で寿命が変わるとしたら、楽観的でご機嫌な気持ちを持ち続けている人のほうが良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
高橋 さなえ

高橋 さなえ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

会社員時代に産業保健に興味を持ち、保健師になりました。
企業勤めの経験を活かし、はたらく人にとって身近なテーマを発信させていただきます!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  2. 世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  3. パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  4. 休養室にも設置義務があります!

  5. 「出向社員」に対する安全衛生管理

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る