「あがり」にさよなら――過緊張からはこうして抜け出す!

広報記事用

新入社員の入社間もないこの時期、緊張する場面が多くあるのではないでしょうか?

職場での自己紹介にはじまり、初めての電話応対や名刺交換。頭の中が真っ白になってしまう経験をする新人もいるでしょう。

今回は、「なぜ人間は緊張するのか?」「どうしたらリラックスできるのか?」についてお伝えしていきます。

緊張は“防衛本能”

人間が緊張するのは、太古からの“防衛本能”だといわれています。

有史以前、人間は獣から身を守るとき、

心拍数上昇 → 集中力アップ → 身体能力向上

という反応が必要不可欠でした。

すなわち、緊張は人間にとって、なくてはならない反応であったため、今も誰もが緊張状態になるのです。

「でも、自分は緊張でガチガチになるのに、全然へっちゃらな人もいるのはナゼ!?」

と疑問をもったあなた、それはズバリ「アガる」か「アガらない」かの違いです。

ここでいう「アガる」とは、“必要以上に緊張してしまう(=過緊張)”こと。

過剰に神経伝達物質が分泌され、交感神経が刺激されると、次のような状態になります。

・顔が赤くなる

・多くの汗をかく

・手足が震える

・口の中が乾く etc…

過緊張から抜け出す3つの方法

過緊張から抜け出すためには、副交感神経を刺激することが有効です。そのための方法を3つ紹介します。

  • 深呼吸をする。ゆっくりと行動することを意識する

せかせかした動きは副交感神経のはたらきを低下させます。

焦るときほど、意識的にゆっくり行動・呼吸をしてみましょう。

呼吸が整えば自然と副交感神経が活動し、落ち着くことができます。

  • 冷たい水を飲む

朝の排便を促す方法としても有名な方法ですが、いずれも胃結腸反射を誘発するために行うものです。

腸が活発に動くようになれば、副交感神経が刺激され、落ち着くことができます。

  • 筋弛緩法

緊張してガチガチになった筋肉から力を抜く方法です。

筋肉から力が抜ければ自然と落ち着くことができます。

詳しい方法については以下のリンク先をご参考にしてください。

在外教育施設安全対策資料(文部科学省ホームページ)

適度な緊張も必要

リラックスする方法を紹介してきましたが、緊張は必要なものです。

緊張が全くない=“寝ているような状態”です。

つまり、高いパフォーマンスを発揮するには、適度な緊張が必要なのです。

「緊張するのは当たり前!」と緊張することを受け入れ、むしろ挑んでみてはいかがでしょうか。

場数を踏むことがアガらないための一番の近道、といえるかもしれません。

 

石沢 寛悟

石沢 寛悟株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

ご覧いただいた方に有意義な情報をお届けできるよう、努めてまいります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  2. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  3. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  4. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  5. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

一目置かれる健康知識

  1. 180427_hashika
  2. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  3. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  4. kahun
  5. jiritu
  6. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る