かゆいのは乾燥が原因だと思っていませんか? ~温熱蕁麻疹について~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
kayui650

オフィスで暖房にあたっていたりすると、なんだか肌がかゆい。しかも、かくとどんどんかゆくなっていく…。
そんな症状に悩まされてはいませんか?

実はそれ、単なる乾燥によるかゆみではないかもしれません。

温熱蕁麻疹を知っていますか?

温熱蕁麻疹という言葉を知っていますか?
簡単に言えば「熱に対するアレルギー反応」です。
温水や温風等、温かい刺激に対してアレルギー反応を体が起こす場合があります。
外回り等で冷えた体が暖かい社内に戻ったときや、湯船につかったりしているとき、蚊に刺されたようなちくちくとした痛みや皮膚の腫れ・赤みを感じることはありませんか?
心当たりがある方がいたら、それは温熱蕁麻疹かもしれません。
こんな症状が感じられたら要注意!

もし以下のような症状に心当たりがあれば、注意が必要です。
1 風呂に入ると、腕や太ももなどにかゆみを感じる。

2 入浴後、肌を手でかくと真っ赤になり、かゆみが悪化する。

3 厚着をしていると、ピリピリとしたかゆみを体に感じる。

4 暖房器具の近くにいる時に、当たっている部分かゆくなる。

5 汗をかくとかゆくなり、拭いたりせずに放置するとかゆみが悪化する。

なぜかゆくなるの?

体の中の温度変化を感じ取りやすい場所、例えば血管が集まっていたり乾燥しやすいひじやひざ・ももなどに、急に体が温まることでヒスタミンという物質が集中し、腫れや熱を帯びてかゆみを感じるようになります。
肌が刺激に反応している状態のため、患部をかいたり摩擦の刺激でかゆみが増したり、広がってしまったりするので、可能な限り刺激を与えないように我慢しましょう。

大切なのは熱を避けること

温熱蕁麻疹はアレルギーです。花粉症の人が花粉を避けるのと同じようにアレルギー源を避ける必要があります。
急に暖かい場所に行ったり、こたつや入浴等で急激に体が温度変化にさらされたりすることも、可能な限り避けるほうが良いでしょう。
病院に行く場合には、抗ヒスタミン薬の内服や注射などを勧められることもあります。

温熱蕁麻疹は、薬を飲めば即完治する、という類の病気ではありません。
悪化をしないように刺激を避けて生活をすることが大切です。
また、年齢やホルモンのバランス、環境の変化等によって自然治癒する場合もあります。
自分の体と上手に付き合って、冬を乗り切りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
佐々木 泉

佐々木 泉株式会社ドクタートラスト 経営企画部 広報課

投稿者プロフィール

企業の健康を考えるこの会社で、
皆様が心身共に元気に過ごせる日常をサポートいたします。
少しでも、皆さんの力になれたらうれしいです。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  2. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

  3. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  4. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  5. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. 1215-suiminbusoku1221
  3. jiritu
  4. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  5. kahun
  6. kusuri
  7. 180427_hashika
ページ上部へ戻る