再確認したいストレスチェック制度の「目的」

sudayuukouka

2015年12月より企業において義務化されたストレスチェック制度。

ストレスが一定以上になった人は、「高ストレス者」として判定されますが、
この「高ストレス」という判定結果、どのように解釈するべきなのでしょうか。

今回は、「ストレスチェック制度」という制度そのもののとらえ方について、
主に企業内で実施事務に携わる人向けに考察してみたいと思います。

高ストレス者 = 病人 ではない

いざ「高ストレス」という判定を受け取れば、どうしたらいいのか戸惑う社員も
少なくないでしょう。

特にこの制度ができる背景として、年間自殺者や精神障害等による労災認定が
依然高い水準で推移していることが取り上げられているため、
今回のストレスチェック制度での判定結果である「高ストレス」のとらえ方が
誤解されがちのようです。

ここで気をつけていただきたいのが、
そもそも今回のストレスチェックは、病気がどうかを判定するためのテストではない
ということです。

つまり、今回のストレスチェックの結果、「高ストレス者」と判定されても、
イコール「病人」ということではありません。

調査票に関する注意点

今回、ストレスチェック調査票として、厚生労働省は「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」を
利用することを推奨しています。

この調査票をもって、「高ストレス」かどうかの判定を行うのですが、
この調査票については下記のような注意点があります。

1)職業性のストレス調査票であり、仕事外のストレス要因等、たとえば家庭生活における
ストレス要因などについては測定していません。
2)回答者のパーソナリティについて考慮されていません。
評価にあたっては、自記式の調査票にみられる個人の回答の傾向について、
考慮する必要がある場合があります。
3)調査時点のストレス状況しか把握できません。
4)結果が、必ずしもいつも正確な情報をもたらすとは限りません。

つまり、今回のストレスチェックの結果だけで、個人のストレス状況を把握するのではなく、
あくまで個人のストレス状況を知るための「一つの指標」として認識すべきだということです。

大切なのは社員自身がストレスを把握すること

ストレスチェックの結果だけで何かを特定することはできないにしても、また、もし正直に
設問内容に答えなかった社員がいたとしても、受検時に調査票の設問を読むことで、
受検者が自分の現状に目を向ける機会にすることはできます。

今回のストレスチェックの目的は、社員自身のストレスへの「気づき」です。
高ストレスか否かという、ストレスチェックの結果だけにフォーカスするのではなく、
受検時及び受検後に、自分自身への問いかけと生活を振り返るきっかけとすることが大切です。

そもそも人は自分が今どういう状態かに無頓着な生き物です。
そういった意味でも、ストレスチェックの実施は有意義だと思われます。

また個人だけではなく、企業のストレスチェック義務化において、
今までの時間外労働や休日などの量的観点とは異なる健康管理を
法で定めたことは、日本社会の新たな一歩といえるでしょう。

制度の運用面や複雑さゆえに、その有効性についてさまざまな声があがっていますが、
今一度ストレスチェック制度の目的に立ち返り、その上で準備・運用を行っていきたいものです。

山口 紗英

山口 紗英株式会社ドクタートラスト 精神保健福祉士

投稿者プロフィール

職場のメンタルヘルスに世の中の関心が向いている今だからこそ、こころの健康の重要さを理解して頂けるチャンスと考え、企業やはたらく皆様のお力に少しでもなれたらと思っています。精神科病院等医療現場での経験を生かせるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  2. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  3. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  4. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. manindensya
  2. 2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_m
  3. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  4. ドライアイ
  5. 落ち込むビジネスマン
  6. jiritu
  7. AdobeStock_50156371
ページ上部へ戻る