野菜不足は野菜ジュースで補える?

yasaijuice

1日に350g食べていますか?

1日に必要とされる野菜の量は350gといわれています。グラム数で聞くとピントきませんが、片手のひらいっぱいで約100g(生の状態で)なので、片手のひら×3杯分が1日の目安となります。既に十分に摂取できている人もいるかもしれませんが、私たちの食生活は、意識しないと「炭水化物」や「たんぱく質」に栄養が偏りがちです。

特に一人暮らしで食事内容が偏ったり、仕事が忙しく食事が不規則になったり、また、ダイエットで栄養が不足したりと、働く若い世代では特に野菜不足が懸念されます。そんな時手軽に摂取できるのが野菜ジュース。現在世の中には様々な種類の野菜ジュースが販売されていますが、野菜ジュースにはどの程度の栄養が含まれているのでしょうか?

野菜ジュースのビタミンCは添加物

野菜にはビタミンA、ビタミンC、食物繊維、カリウムをはじめとするミネラル類など様々な栄養が含まれています。ところがビタミンCは野菜ジュースを製造する過程で破壊されてしまうため、実はほとんど残りません。野菜ジュースの栄養成分表にビタミンCが表示されている場合、そのほとんどが後から添加されたものです。他にも、繊維質が多いと飲みにくいため、食物繊維も除去していることが多いのです。これらのことからも、野菜ジュースの栄養=野菜そのままの栄養というわけではないようです。

減らない栄養素もある

製造過程で壊れる栄養がある一方で、野菜ジュースから効率的に摂取できる栄養素もあります。体の水分や塩分の量を調節したり高血圧を予防するのに大切なカリウムや、鉄分、ナトリウム、カロチンなどは比較的そのまま残ります。

基本は食事から

食事から野菜を摂取することのメリットは栄養の面だけではありません。噛むことによって唾液をはじめとする消化液の分泌が促され、消化を助けてくれます。また、よく噛んで食べることで満腹感を得たり、野菜が脂質や糖質の吸収を穏やかにしてくれるというメリットがあります。野菜料理の代わりに野菜ジュースという選択ではなく、基本は食事であることを忘れないようにしましょう。おやつやジュースの代わりに用いたり、時間のない朝に朝食にプラスして飲むのがおすすめです。野菜ジュースの栄養は「野菜そのまま」というわけにはいきませんが、補助的に用いることで不足しがちな栄養を補うのに一役買ってくれそうです。

田中 祥子

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験を様々なかたちで皆様にお届けしたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  2. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  3. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  4. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  5. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

一目置かれる健康知識

  1. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  2. AdobeStock_50156371
  3. manindensya
  4. 落ち込むビジネスマン
  5. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  6. 171121
  7. ドライアイ
ページ上部へ戻る