年末年始の海外旅行は感染症に注意!

感染症

年末年始には、多くの人が海外へ渡航すると予想されます。
海外で感染症にかからないようにするためには、感染症に対する正しい知識と予防方法を身に付けることが重要です。

以下、Ⅰ海外での感染症予防のポイント、Ⅱ渡航の前に行うほうが良いこと、Ⅲ渡航中および帰国後に体調が悪くなったら、という3つの柱でアドバイスしていきます。

Ⅰ海外での感染症予防のポイント

(1)海外で感染症にかからないようにするために、感染症に対する正しい知識と予防に関する方法を身に付けましょう。

(2)最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。

(3)日本で発生していない、動物や蚊・マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあり、注意が必要です。

(4)麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)及びポリオは、海外では感染することがあり注意が必要です。

感染症一覧

 

Ⅱ渡航の前に行うほうが良いこと

(1)検疫所のホームページや外務省の海外安全ホームページで、渡航先の感染症の発生状況に関する最新の情報や注意事項を確認しましょう。

(2)海外渡航をする前に、これまで受けた予防接種について確認しましょう。国内で予防接種が推奨される疾患であって予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。

(3)予防接種が受けられる感染症については、余裕をもって医師にワクチン接種の相談をしておくなど、適切な感染予防を心がけましょう。

 

Ⅲ渡航中および帰国後に体調が悪くなったら

(1)空港や港に設置されている検疫所では、渡航者の方を対象に健康相談を行っています。帰国時に発熱や下痢、具合が悪いなど体調に不安がある場合には、検疫官に相談しましょう。

(2)感染症には、潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が数日から1週間以上と長いものもあり、帰国後しばらくしてから具合が悪くなることがあります。その際は、早急に医療機関を受診し、渡航先、滞在期間、現地での飲食状況、渡航先での職歴や活動内容、動物との接触の有無、ワクチン接種歴などについて必ず伝えましょう。

 

海外旅行に行く際には、事前の情報収集と現地での行動が感染症の予防には不可欠です。
また、帰国後も具合が悪くなったりした時は、迅速に医療機関に相談することが必要です。

感染症に対する正しい知識と予防方法を身に付け、海外旅行を楽しい思い出となるようにしましょう。

参考:FORTH/厚生労働省検疫所ホームページ

外務省海外安全ホームページ > (感染症危険情報、感染症広域情報、感染症スポット情報)

森本 啓介

森本 啓介株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

様々なストレスが多い現代社会で働く人に向け、
産業保健の情報を発信していきたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  2. 0517%e7%94%a8

    ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

  3. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

  4. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  5. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

一目置かれる健康知識

  1. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  2. kusuri
  3. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  4. tabajo-675x400
  5. kahun
  6. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  7. 180427_hashika
ページ上部へ戻る