更年期にはトマトジュース! という新説

4978170d961f0950edf6125fd0aea7b4_s

更年期とは、閉経を挟んだ前後10年間の時期を指します。
日本人の平均的な閉経年齢は50歳と言われているので、45~55歳がこの時期にあたります。

この時期に、体・心に様々な症状を抱えることを、「更年期障害」と言います。

更年期障害の症状とは?

1)更年期初期から現れる症状
月経の異常:月経周期が長くなったり、短くなったり、不規則になる
自律神経の異常:のぼせ・ほてり・動悸・多汗・冷え
精神的な症状:イライラ・不眠・抑うつ感・不安感
その他の症状:高脂血症・高血圧・頭痛・めまい・しびれ

2)更年期中盤から現れる症状
・尿漏れ
・頻尿
・細菌性膣炎

これらの症状は、人によっては日常生活が困難になるほど重くなります。
企業でいえば、管理職クラスの女性が更年期症状に当てはまるため、仕事のストレスで更に症状が悪化するケースも珍しくありません。

受診をしていない日本の中年女性

更年期障害の治療法の主軸は、女性ホルモン補充療法です。
欧米では、およそ3~5割の女性が治療を受けているのに対して、日本人は数パーセントしかこの治療を受けていないと言われています。

また、更年期障害の治療先は婦人科が第一選択肢となりますが、受診する女性の4割近くが、耳鼻科や心療内科などで治療を受けているという現状もあります。

日本では、適切な治療を受けず、更年期障害の症状で悩んでいる人が多いことがわかります。

トマトジュースが更年期症状の緩和に有効!

症状が重く、日常生活に支障をきたす場合は、なるべく早く更年期治療に詳しい婦人科を受診すべきです。

しかし、まだ受診するほどではないけれど、何か自分でできる習慣を取り入れたい!という方に、朗報があります。

東京医科歯科大学の研究グループが、栄養学の国際誌ニュートリーション・ジャーナル誌に2015年に論文を発表しました。
内容は、トマトジュースに関するものです。

論文を簡単にまとめると、以下のようになります。
・40~65歳の女性95人を対象に研究を実施
・最初の2週間は、トマトやトマトを含んだ食品を摂取しない
・その後8週間、無塩トマトジュース(200ml×1日2回)を毎日摂取
・4週・8週後に調査をしたところ、更年期症状・不安が軽減し、血中の中性脂肪の値も低下がみられた。

この研究では、1日2回・200mlの無塩トマトジュースの飲用で、更年期に伴う症状が緩和されたことが明らかになっています。

更年期症状に対応するサプリメントやお茶など、様々なものが市販されています。
しかし、スーパーやコンビニエンスストアで安価に手に入るトマトジュースなら、継続しやすいのではないでしょうか。

40代になり、更年期へ早めの対策を取りたい女性の方にも、お薦めできる飲み物と言えるでしょう。

中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。
社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  2. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

  3. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  4. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  5. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

一目置かれる健康知識

  1. 170328
  2. kahun
  3. kusuri
  4. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  5. 0119-kahunsyou
  6. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  7. 180427_hashika
ページ上部へ戻る