テレビ電話を利用した産業医面談。その留意事項。

sukaipu

労働安全衛生法では、

・長時間残業者

・ストレスチェック制度における高ストレス者

上記対象者への、医師との面談の実施を企業に義務付けている。

(本人からの希望があった場合・ストレスチェックに関しては平成27年12月以降)

遠隔地の小規模事業場で面談者が出た…そのような時にテレビ電話面談を行いたい。

従業員数50名以上の事業場であれば、産業医の訪問時に面談を行えるが、

従業員数の少ない営業所などでは、面談者の対応に苦慮されるケースも良く耳にする。

 

原則としては直接対面での面談実施が望ましいが、

テレビ電話などの情報通信機器を利用した面談の実施も可能とされている。

 

ストレスチェック制度の開始を控え、

この度、厚生労働省より「通信機器を利用した面談」に関しての留意事項が改めて示された。

情報通信機器を用いた面接指導の実施について(厚生労働省)

厚労省からの通知

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150918-1.pdf

大きくまとめると下記のとおりとなる。

(1)対応する医師に関して

①対象者の所属する事業場の産業医

②過去1年以内に、対象者の健康管理業務に携わった医師

③過去1年以内に、対象者が所属する事業場の巡視を行った医師

④過去1年以内に、対象者と対面による面談を行った医師

(2)通信機器に関して

①画像・音声ともに鮮明で、通信状態も安定していること。

②情報セキュリティが確保されていること。

③対象者が操作を容易に行えるもの。

(3)実施方法に関して

①実施方法に関して、対象者へ事前に周知していること。

②プレイバシーの確保(面談内容が第三者へ漏れない環境整備など)

 

その他、

緊急対応体制が整備されていること(近隣の医師との連携など)や

対象者に関する情報(勤務状況、作業環境など)を面談対応する医師に提供することといった

円滑な面談実施、また実施後の対象者へのケアもしっかり行える環境整備が求められている。

 

尚、映像の無い電話のみでの面談は「面接指導の実施」とは認められない。

宮入 孝史

宮入 孝史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  2. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  3. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  4. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  5. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

一目置かれる健康知識

  1. kahun
  2. tabajo-675x400
  3. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  4. jiritu
  5. 1215-suiminbusoku1221
  6. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る