子宮頸がんの検査、受けていますか?

shikyuukeigan

若い世代に多いがん

子宮頸がんは子宮頸部(けいぶ)と言って子宮の下の部分に発生するがんだ。子宮がん全体の約70%を占めており、20〜30代の若い女性に多く発症するのが特徴である。20代〜30代といえば仕事に結婚に出産と、女性にとって大切な時期。子宮頸がんの予防・早期発見のため、検査の有効性について考えてみたい。

原因はウイルス感染

子宮頸がんを発症した人のほとんどからHPV(ヒトパピローマウイルス)が検出されており、このウイルスが子宮頸がんの原因になることがわかっている。このように書くとウイルスに感染していないか気になってしまうが、HPV自体は非常にありふれたウイルスで「子宮の風邪」と言われるくらい身近に存在するウイルスだ。普通はHPVに感染しても2年以内に約90%の人において自身の免疫でウイルスを排除することができるのだが、残りの約10%で持続感染が起こる。HPV感染が持続すると、子宮頸部の細胞の「異形成(いけいせい)」が起こり、その後に子宮頸がんに移行していくと考えられている。

症状がなくても検診を

子宮頸がんは初期の段階では症状がほとんどないため、症状から初期のがんを見つけるのは難しい。婦人科の検診というと内診して痛い思いをするのではないかと、足が遠のく人が多いのも事実だろう。しかし、一度も検診を受けたことがなく、妊娠して初めて子宮頸がんに気付くケースも少なからずあり、治療を優先するのか子供の命を優先するのか、命の選択という悲しい結果をもたらすことになりかねない。

HPVに感染してから、がんの前段階とされる細胞の「異形成」という状態になり、さらに「がん」に移行するまでには数年〜10年程度の年月がかかるとされている。つまり1〜2年ごとに検診を受けていれば、早い段階で異常に気付く可能性が高いのだ。

検査は5分程度

初めて受ける人にとっては敷居が高いかもしれないが、検査自体は5分程度で終了する。子宮頸部を検査用の綿棒でこすって細胞を採取し、それを顕微鏡で見て、異常な細胞がないかを確認する。その他触診や超音波検査を行うこともあるが、いずれにしても時間のかかるものではなく、綿棒で細胞を取る際も痛みを伴うものではない。早期の段階で発見することができれば、侵襲が少ない治療を受けることができ、また治療の成功率も高い。自分の体を守るため、ぜひ1〜2年に一度は定期的に検査を受けるようにしてほしい。

田中 祥子

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験を様々なかたちで皆様にお届けしたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  2. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

  3. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  4. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  5. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

一目置かれる健康知識

  1. 170328
  2. kahun
  3. kusuri
  4. 0119-kahunsyou
  5. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  6. tabajo-675x400
  7. 180427_hashika
ページ上部へ戻る