ダイエットは、“体重“より、“体型“を気にしよう!

diet

ヘルシーな“野菜中心生活”で、からだはたるんでしまう

引き締まったからだをつくる筋肉を保つためには、良質なたんぱく質がとれる肉は、欠かせない!!

肉の主な栄養成分は、タンパク質と脂質。

できるだけタンパク質が多く、脂質が少ないものを選ぶことがポイント!

種類や部位によって違うが、「見た目が白い」ものは、脂肪が多いと覚えておく!!

タンパク質は、体内で常に一定量が消費される。摂りすぎた分は、脂肪にかわる。

「肉を避けて野菜中心の食生活をする」=ヘルシーなイメージ

肉の1日量の目安は70g程度(低脂肪の鶏ささみや胸肉なら100g程度OK)

「肉を避けて野菜中心の食生活をする」=ヘルシーなイメージ

野菜は、低カロリーで、ビタミンやミネラル、食物繊維が摂取でき、栄養成分もたくさんあり、がん予防や動脈硬化予防、老化予防などにも効果がある。

しかし、野菜は、穀類やタンパク質食品と組み合わせるからこそ、からだにとって重要な役割を果たしてくれる。

野菜中心は、エネルギー源のタンパク質、脂質、炭水化物が不足し、筋肉が減り全体に「ぽよっ」とした、たるんだ印象に!

お腹に脂肪がたまりやすくなるだけでなく、老化が進みやすく、疲れやすくなる。

引用:1週間でお腹からやせる食べ方 小島 美和子(管理栄養士・健康運動指導士・食コンディショニング・プロデューサー)三笠書房

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  2. 9dacecf7edba8071a64e35f16f448678_m

    衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  3. 080301

    派遣労働者の健康診断 良くある質問集

  4. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  5. ihou

    職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  3. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  4. 0119-kahunsyou
  5. kahun
  6. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  7. jiritu
ページ上部へ戻る