ダイエットは、“体重“より、“体型“を気にしよう!

diet

ヘルシーな“野菜中心生活”で、からだはたるんでしまう

引き締まったからだをつくる筋肉を保つためには、良質なたんぱく質がとれる肉は、欠かせない!!

肉の主な栄養成分は、タンパク質と脂質。

できるだけタンパク質が多く、脂質が少ないものを選ぶことがポイント!

種類や部位によって違うが、「見た目が白い」ものは、脂肪が多いと覚えておく!!

タンパク質は、体内で常に一定量が消費される。摂りすぎた分は、脂肪にかわる。

「肉を避けて野菜中心の食生活をする」=ヘルシーなイメージ

肉の1日量の目安は70g程度(低脂肪の鶏ささみや胸肉なら100g程度OK)

「肉を避けて野菜中心の食生活をする」=ヘルシーなイメージ

野菜は、低カロリーで、ビタミンやミネラル、食物繊維が摂取でき、栄養成分もたくさんあり、がん予防や動脈硬化予防、老化予防などにも効果がある。

しかし、野菜は、穀類やタンパク質食品と組み合わせるからこそ、からだにとって重要な役割を果たしてくれる。

野菜中心は、エネルギー源のタンパク質、脂質、炭水化物が不足し、筋肉が減り全体に「ぽよっ」とした、たるんだ印象に!

お腹に脂肪がたまりやすくなるだけでなく、老化が進みやすく、疲れやすくなる。

引用:1週間でお腹からやせる食べ方 小島 美和子(管理栄養士・健康運動指導士・食コンディショニング・プロデューサー)三笠書房

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. shika

    「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  3. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  4. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  5. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

一目置かれる健康知識

  1. kahun
  2. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  3. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  4. 1215-suiminbusoku1221
  5. tabajo-675x400
  6. 170328
  7. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
ページ上部へ戻る