ストレスチェックの助成金

jyoseikin

ストレスチェックは50人未満の事業場では、一定の要件を満たせば助成金が支給される。

ストレスチェックは従業員数50人未満の事業場は、当分の間努力義務となるが、この「『ストレスチェック』実施促進のための助成金」は、従業員数50人未満の事業場が合同で、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、また、ストレスチェック後の医師による面接指導などを実施した場合に、事業主が費用の助成を受けることができる制度である。

助成対象と金額

(1)ストレスチェック 1従業員につき500円
年1回のストレスチェックを実施した場合に、実施人数分の費用が助成される。

(2)ストレスチェックに係る産業医活動 1事業場あたり産業医1回の活動につき21,500円
ストレスチェックに係る産業医活動について、実施回数分(上限3回)の費用が助成される。

※ 500円と21,500円はそれぞれの上限額で、実費額が上限額を下回る場合は実費額を支給。

助成金を受けるための届出と要件

助成金の支給申請をする前に、小規模事業場の集団を形成し、支給要件を満たしているかの確認を受けるため、あらかじめ労働者健康福祉機構への届出が必要になる。

さらに次の5つの要件を全て満たしている必要がある。

① 常時使用する従業員数が50人未満であり、同一の都道府県内にある複数(2から10まで)の小規模事業場を含む事業場で集団を構成していること。

② 集団を構成する小規模事業場の事業者が産業医を合同で選任し、ストレスチェックに係る産業医活動の全部又は一部を行わせること。

③ ストレスチェックの実施者及び実施時期が決まっていること。

④ 集団を構成する全ての小規模事業場において、ストレスチェック及び面接指導を行う予定であること。

⑤ 集団を構成する小規模事業場の代表者と②の産業医(合同選任産業医)が同一者でないこと。

届出・申請の期限

小規模事業場団体登録届は平成27年12月10日まで。
ストレスチェック助成金支給申請は平成28年1月末日まで。

要件があるため必ずしも50人未満であっても助成対象とはならないかもしれないが、もし要件を満たすのであれば、ストレスチェックの実施を検討してみてはどうだろうか。

参考
独立行政法人 労働者健康福祉機構「「ストレスチェック」実施促進のための助成金」

森本 啓介

森本 啓介

投稿者プロフィール

様々なストレスが多い現代社会で働く人に向け、
産業保険の情報を発信していきたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  2. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  3. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  4. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  5. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  3. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  4. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  5. 疲れ目のサイン
  6. ドライアイ
  7. 杉井記事
ページ上部へ戻る