実はこわい?食いしばり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
clenching

近年、顎関節症、知覚過敏、歯周病等で悩んでいる方が増えている。実はその原因の一つとしてが食いしばりがある。上下の歯をギュッと食いしばることにより諸所の症状が引き起こされることをクレンチング症候群という。

無意識に食いしばっていることはないだろうか。

セルフチェック

・上下の歯が噛み合う場所のくぼみが平らになっている。

・こめかみの骨が出っ張っている部分(顎関節周囲)を押すと痛みを感じる。

・エラ部分に疲労感や筋肉痛を感じる。

・舌に歯型の圧痕がある。

・歯の外側の歯肉が下がっている。とくに歯根部に楔形の歯肉下がりがある。

・知覚過敏、歯周病がある。

・肩こり・片頭痛がある。

上記にいくつか当てはまっている場合は、クレンチング症候群の可能性が高い。

基本的に歯はある程度の大きな圧力にも耐えられるようにできている。しかし通常は口を閉じている時には上下の歯は離れており、食事の時間も含めても一日20分程度しか上下の歯は接触していないと言われている。常に(多くの時間)上下の歯を接触させるのが習慣化している人の歯や歯周組織には、負担能力以上の力がかかっている可能性があるので注意が必要だ。

原因

・ストレス

・歯並びが悪い、歯の詰め物が合わない

・寝具が合わない

・頬杖をつく

・うつ伏せ寝や横向き寝をする。

食いしばりしやすい場面

・PC作業中

・スマホ・ゲーム中

・車の運転中

・スポーツをしている時

・就寝時

・ストレスを感じた時

予防・対策

・顔のストレッチ・マッサージをする

・意識付けのために、目につくところに付箋やメモを貼る。

・寝具を見直す。仰向けに寝る。(枕の高さ、ベッド・布団の硬さが合っているか)

・就寝時の食いしばりが激しい場合はマウスピースを使用する。

・頬杖をつかない。

 

悪化したまま放置していると、最終的に歯の欠損や喪失につながる可能性ある。

異常・違和感を感じたら早目に歯科を受診するようにしよう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
佐藤 真由美

佐藤 真由美

投稿者プロフィール

企業保健師として勤務した経験を活かし、皆様に情報をお伝えできればと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. shika

    「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  2. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  3. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  4. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  5. o0800080012607003344

    産業医選任の届出には何が必要?

一目置かれる健康知識

  1. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  2. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  3. kusuri
  4. 1215-suiminbusoku1221
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. jiritu
  7. kahun
ページ上部へ戻る