衛生委員会のメンバー構成とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

衛生委員会を構成するメンバー

衛生委員会を初めて立ち上げる事業場の場合、最初に立ちはだかる課題は「衛生委員会のメンバーの人数は何人がいいのか、だれをメンバーにしたらいいのか?」という点だと思います。
衛生委員会については、労働安全衛生法に定めがあり、気になる「メンバーの構成」も以下の通り労働安全衛生法18条2に定めがあります。

① 統括安全管理者、または事業場を統括管理する人、またはそれに準じる人
② 衛生管理者
③ 産業医
④ 労働者のうち、衛生に関して経験を持っている人

②と③はわかりやすいですが、①と④は少し難解なので、さらにかみ砕いてみます。
すると以下のようなメンバーで構成されなくてはいけないとわかります。

① 企業側の代表者
② 衛生管理者
③ 産業医
④ 労働者の代表

この4人の衛生委員会への参加は、法令に定められていることから、義務です。

よくある質問

ここで衛生委員会のメンバー構成について、しばしば企業からいただく質問を紹介します。

Q:衛生委員会は、産業医と衛生管理者、人事担当者の3人で行っていますが、問題ないでしょうか

A:問題、あります!
前記「④ 労働者の代表」が抜けてしまっています。
そもそも、衛生委員会は、職場の衛生に関する事項を調査審議させ、事業者に対し意見を述べさせるための場であるので、労働者の代表が参加しないことはよくない状況です。

Q:産業医の先生はスケジュールが合わず、いつも不参加です。でも、しょうがないですよね。

A:しょうがないで済ませてはいけません!
医学的な見地から必要があると認めるときは、事業者に対し、労働者の健康管理等について必要な勧告をすることができる産業医が、衛生委員会に参加しないことは職場環境に関しての衛生対策を話し合う場としては不十分です。

衛生委員会は法令で定められているから実施しているという形式主義になるのでなく、衛生委員会をきちんと運営することで、「職場の衛生環境の整備に役立てる。元気な社員を増やしていく」という考えで、衛生委員会を実施されてはいかがでしょうか。

おススメの衛生委員会のメンバー構成

1: 一般的な衛生委員会のメンバー構成(人数:9名)

議長(議決権なし:人事部長)
<使用者側> 人事課長(1名)、人事担当者(1名)、衛生管理者(1名)、産業医(1名)
<労働者側> 衛生管理などの経験がある労働者(4名)

2: 少人数の衛生委員会のメンバー構成(人数:7名)

議長(議決権なし:人事部長)
<使用者側> 人事課長(1名)、人事担当者(1名)、衛生管理者(1名)、産業医(1名)
<労働者側> 衛生管理などの経験がある労働者(4名)

3: 最小規模の衛生委員会のメンバー構成(人数:5名)

議長(議決権なし:支店長)
<使用者側> 衛生管理者(1名) 産業医(1名)
<労働者側> 衛生管理などの経験がある労働者(2名)

※ 注意点
1.メンバー構成は、労使同数の原則を守る必要があります。両方の人数が同じになるようにしましょう。
2.産業医は、原則、使用者側としてカウントします。
3.議長には、原則、議決権がありません。労使同数で対立した議案などの最終決定権があります。
4.議長には、責任者としての最終責任が生じます。

さいごに

衛生委員会で付議した事項については、人事的な措置を機動的に発令できないと意味をなさないことが多いことから、人事権のある人事部内に設置することが望ましいと思います。
総務部が所管する場合、残業禁止や休業・復職などの辞令発令が遅滞し、問題となるケースが時折見られます。
また、労災の裁判では、「人事的な措置」が適切なタイミングで発令されていれば、「自殺を避けられた可能性がある」という言葉を頻繁に聞きます。
衛生委員会は、「人事的な措置」がとれる部門が所轄することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
溝井 有樹

溝井 有樹株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

難しい法令にについて、かみ砕きながら、企業の衛生管理体制の構築のお手伝いをしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る