過重労働で初の摘発~詳細~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
警視庁2

今回は、以前山中がお伝えした記事について、
なぜ「過重労働撲滅特別対策班」初の書類送検に至ったのかを
詳しくお伝えしたいと思う。

7月2日、「過重労働撲滅特別対策班」による初の書類送検が行われた。
対象になった企業は、大手シューズ専門店ABCマートである。

過重労働撲滅特別対策班とは・・?

通称「かとく」と言われ、
長時間労働を防止するため、今年2015年4月に厚生労働省に設置された。
「かとく」はいわゆる、「ブラック企業」対策の目玉として、東京労働局と
大阪労働局に労働基準監督官のエキスパートを集めて作られた。

「かとく」の主な業務として、労働基準関係の法令に違反し、
もしくは違反している可能性が高く、
以下の事案のいずれかにあてはまるものを積極的に処理していく。

①監督指導において事実関係の確認調査が広範囲にわたる事案
②司法事件で捜査対象が多岐にわたる事案
③被疑事実の立証等に高度な操作技術を必要とする事案

大手シューズ専門店ABCマートはなぜ摘発されたのか

・ABCマート(渋谷区)は、従業員4人に、
月100時間前後の時間外労働をさせていたとして役員、店長の2人が
労働基準法違反の疑いで書類送検された。

・Grand Stage池袋店では、残業に関する協定書を労基署に出さないまま
従業員2人にそれぞれ100時間前後の残業をさせていた。

・原宿店では協定で定めた残業限度時間(月79時間)を超過し、
従業員2人に100時間前後の残業をさせた疑いがもたれている。

そして、東京労働局による度重なる是正勧告でも改善がみられなかったことから、
かとく初の書類送検した事例になった。

摘発されたことによる影響とは・・・?

このABCマートの一件は、書類送検による処分よりも、むしろ大きく報道されたことで
「ブラック企業」のレッテルを貼られてしまうという社会的影響の方が大きい。

「ブラック企業」のレッテルを貼られると、消費者が離れてしまうばかりでなく、労働者を確保することも難しくなる。

この先、違法に長時間残業をさせる企業は、「過重労働撲滅特別対策班」
により摘発され、社会から「ブラック企業」として認識されるという
リスクを忘れてはならないのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  2. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  3. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  4. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  5. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

一目置かれる健康知識

  1. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  2. kahun
  3. kusuri
  4. 0119-kahunsyou
  5. jiritu
  6. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  7. tabajo-675x400
ページ上部へ戻る