従業員数が50名未満の場合の産業医面談

^418FD247CE4A754FF06AA47384270EC141F251B56BA9A41EFC^pimgpsh_fullsize_distr

「地域産業保健センター」での面接指導

50人未満で産業医がいない事業所でも残業が月100時間超となる
過重労働者がいる場合、医師の面接指導を実施しなければならない事をご存じだろうか。

上記のようなケースで産業医の面談が難しい場合は
「地域産業保健センター」での面接指導のご活用をお薦めする。

地域産業保健センターは、国の委託事業として都道府県単位に設置されており、
県内に数ヶ所~十数か所設置され、長時間労働者への医師による面接指導を
無料で行ってる。

面接指導の流れ

流れ

この制度のメリット・デメリット

≪メリット≫
・無料で、長時間労働に関わる労働安全衛生法令が遵守でき、
 社員の過労死、過労自殺のリスクを下げることができます。

≪デメリット≫
・地域産業保健センターが混み合っており
 順番待ちでなかなか受けられない場合がある。
・会社の近くにない場合がある。

船渡川 太一

船渡川 太一株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

働く人の為になる情報をわかりやすく提供致します。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  2. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  3. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  4. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. 080301

    派遣労働者の健康診断 良くある質問集

一目置かれる健康知識

  1. 170328
  2. 171121
  3. tabajo-675x400
  4. 0119-kahunsyou
  5. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  6. kusuri
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る