平成26年度の精神障害による労災補償の状況

2015-06-27

精神障害に係る労災請求・決定件数の推移

平成26年度の精神障害による労災請求件数は1,456件、支給決定件数は497件。

労災請求件数は平成25年度を47件上回り、支給決定件数も61件上回った。
これはいずれも過去最多であった。

また、上記の件数には自殺(含む未遂)による件数も含まれている。
平成26年度の請求件数は213件、支給決定件数は99件。
自殺による件数は平成23年度以降は減少したが、平成26年度は再び大幅増加しての過去最多となった。

時間外労働時間数(1か月平均)別の支給決定件数

平成25年度では436件だった時間外労働者の労災支給決定件数は、

平成26年度には497件に増加。

特に時間外労働「月160時間以上」は、31件から67件と大幅に増加した。

厚労省が過労死のリスクが高まると位置づける「過労死ライン」の残業時間は「月80時間以上の残業」であり、「月160時間以上」はその2倍以上となる長時間残業を行っていることになる。

支給決定件数が増加したことで、長時間労働による労災が認められると社会が捉えれば、それが長時間労働の歯止めとなり、今後の労災減少の一助となるであろう。

参考資料 厚生労働省「精神障害に関する事案の労災補償状況」
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11402000-Roudoukijunkyokuroudouhoshoubu-Hoshouka/h26seishin_1.pdf

森本 啓介

森本 啓介株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

様々なストレスが多い現代社会で働く人に向け、
産業保健の情報を発信していきたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  3. N934_karutewomitekangaerudr

    休業中の定期健康診断について

  4. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  5. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

一目置かれる健康知識

  1. jiritu
  2. 0119-kahunsyou
  3. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  4. tabajo-675x400
  5. kahun
  6. 1215-suiminbusoku1221
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る