熱中症だけじゃない!夏の血栓症にご用心!

夏血栓を予防しよう

血栓症とは

血管内にできた血の塊が血管につまる病気である。
この血のかたまりを血栓といい、血栓ができる場所によってさまざまな心疾患を引き起こす。
脳の動脈に血栓がつまると脳梗塞、心臓の動脈につまれば心筋梗塞を引き起こすのだ。

血栓症は、血管が寒さにより収縮する冬によく起こりがちだと思われているが、
実は夏に起こる血栓症、「夏血栓」も非常に危険なのである。

夏血栓に気を付けよう

夏、のどが渇くとビールを飲んだりしていないだろうか?
確かに、一時的にのどが潤う気がするが、アルコールは利尿作用があるため、
体内から水分を排出してしまい、知らないうちに脱水状態になっている場合がある。

また、涼しい室内のデスクワークでも、エアコンの風で汗をかいている自覚がわきにくいため、
知らず知らずの内に脱水症状になりやすい。
このように夏は知らない間に脱水が進んでいる場合が多いのである。
この脱水は、血液をドロドロにし、血栓を作り出してしまう。

そして夏血栓で恐ろしいところは、めまいや動悸、息切れなどの症状が
熱中症と間違われ、適切に処置されない場合があることだ。

熱中症の場合、体を冷やすなどの処置をするが、血栓症は血液を溶かす処置が
必要になってくる。

これが遅れると、後遺症が残ってしまう場合が多く、また死亡率も格段に上がってしまう。
特に、急性肺血栓塞栓症(肺に血栓ができつまる病気)は、死亡例の40%は発症から一時間以内
に死亡している。

発熱、動悸、息切れなどの症状を、熱中症と自己判断せず、
早めに病院にいくことが重要である。

夏血栓を予防するには・・?

1 水分を適切に摂る!
こまめに水分を摂る。

2 同じ体勢を取り続けない!
血流が悪くなり、つまりやすくなる。
特にデスクワークの方や、運転中の方など、長時間同じ体勢、姿勢に
ならないようにすること。

3 血液をサラサラに保つ!
上記のイラストの食品を積極的に摂取してほしい。

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

  2. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  3. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  4. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. sofa

    休養室にも設置義務があります!

一目置かれる健康知識

  1. 062612
  2. 170328
  3. 0119-kahunsyou
  4. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  5. kusuri
  6. jiritu
  7. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
ページ上部へ戻る