育児休暇中の従業員の健康診断

o0608078912336121496

皆さんの会社で、育児休業中の方はいらっしゃいますか。
定期健康診断の時期に休業されている方がいらっしゃる場合、定期健康診断を受診させるか否かを悩まれるところかと思います。

定期健康診断の対象

Q:育児休業中の従業員は定期健康診断の対象となりますか?
A:原則対象となりますが、厚生労働省からの通達によって、実施しなくてもさしつかえがないとされています。

法制度上の扱い

平4.3.13 基発第115号「育児休業等により休業中の労働者に係る健康診断の取扱いについて」には次のように示されています。

育児休業、療養等により休業中の労働者に係る労働安全衛生法第66条第1項から第3項まで(労働安全衛生規則第44条第1項、第45条第1項、第48条、有機溶剤中毒予防規則第29条第2項、鉛中毒予防規則第53条第1項、四アルキル鉛中毒予防規則第22条、特定化学物質等障害予防規則第39条第1項及び第2項、高気圧作業安全衛生規則第38条第1項並びに電離放射線障害防止規則第56条第1項)並びにじん肺法第8条第1項に規定する定期健康診断(以下「定期健康診断」という。)及び指導勧奨による特殊健康診断の取扱いについては、下記によることとされたい。

1 休業中の定期健康診断について
事業者は、定期健康診断を実施すべき時期に、労働者が、育児休業、療養等により休業中の場合には、定期健康診断を実施しなくてもさしつかえないものであること。
2 休業後の定期健康診断について
事業者は、労働者が、休業中のため、定期健康診断を実施しなかった場合には、休業修了後、速やかに当該労働者に対し、定期健康診断を実施しなければならないものであること。
3 指導勧奨による特殊健康診断について
休業中及び休業後の指導勧奨による特殊健康診断については、上記1及び2に準じて実施するよう事業者等を指導すること。

つまりは、育児休業中に定期健康診断の実施期間がきても、実施しなくて問題はありません。
しかし、同通達によると、「事業者は、労働者が休業中のため、定期健康診断を実施しなかった場合には、休業修了後、速やかに当該労働者に対し、定期健康診断を実施しなければならないものであること」とされていますから、復帰したら速やかに健康診断を実施してください。

定期健康診断はなるべく受診を

一度定期健康診断の受診を怠ると、次回は2年後の受診となってしまいます。
心身機能や健康状態を継続的に観察することによって、異常を発見したときの評価と判断の重要な基礎データにもなりますので、定期健康診断は必ず受診する(受診させる)ようにしていただきたいと思います。

溝井 有樹

溝井 有樹株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

難しい法令にについて、かみ砕きながら、企業の衛生管理体制の構築のお手伝いをしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  2. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  3. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  4. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  5. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

一目置かれる健康知識

  1. 180427_hashika
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. 1215-suiminbusoku1221
  4. jiritu
  5. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  6. 170328
  7. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
ページ上部へ戻る