衛生管理者選任のタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
150616mizo2

常時使用する労働者数が50名以上となったら

産業医を初めて選任する企業の場合、合わせて【衛生管理者】の選任を行う場合が多い。
これは、産業医の選任義務が発生するのと同条件で、【衛生管理者】の選任義務が発生するからだ。

今年度から実施されるストレスチェックにおいて、社内における実施事務従事者の候補に
名前が挙がってくる【衛生管理者】だが、選任は適切なタイミングで行われているだろうか。

選任義務は、常時使用する労働者数が50名以上となったら発生する。

また労働安全衛生規則では、産業医、【衛生管理者】ともに
選任義務が発生してから14日以内に選任するように定められている。
となれば、産業医と【衛生管理者】の、特に初めての選任は、
同じタイミングで行われるはずなのだが、
それぞれを異なったタイミングで選任する場面も時折みかける。

準備不足でもあるのだが

事業者は、
「50名を超えそうだな。」とか「まだ50名は超えないな。」
などということは事前にわかっているはずである。

しかし【衛生管理者】や産業医について、
選任の義務があるということ(もしくはその存在自体)を
知らない場合も多く、義務が発生してから早急に選任できない背景の一つとしてあげられる。
事業者の知識が不足していることは明らかだが、
一方で行政側の周知が不十分な可能性も否定はできない。

一定の要件を備えた者である必要がある

労働安全衛生法は、
衛生管理者を「政令で定める規模の事業場ごとに、
都道府県労働局長の免許を受けた者その他厚生労働省令で定める資格を有する者」、
産業医を「労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について
厚生労働省令で定める要件を備えた者」としている。

どちらも、即時に取得できる資格や要件でもなく、
該当者を見つけるのに時間がかかるということも理由の一つだろう。

なお、衛生管理者に関しては毎月資格試験が実施されており、
合格すれば「資格を有する者」にはなれるが、受験申込数も多いので、
希望の日程で受験できるとも限らない現状がある。

そうなってくると、
「同時に選任できない」こともやむ得ない事情と、とれなくはない。

同時に選任できない時は、どちらを先に選任したらよいのか?

労働基準監督署に問い合わせたところ、
「該当者を確保したタイミングで、確保した順に選任を行ってください。
本来は、義務が発生してから(選任するのは)14日以内なんですよ!」
とのことであった。

何事も事前の準備が不可欠ということである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
溝井 有樹

溝井 有樹株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

難しい法令にについて、かみ砕きながら、企業の衛生管理体制の構築のお手伝いをしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. youko

    健診結果は該当!法改正にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  2. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

  3. N934_karutewomitekangaerudr

    休業中の定期健康診断について

  4. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  5. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

一目置かれる健康知識

  1. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  2. 180427_hashika
  3. tabajo-675x400
  4. 170328
  5. kahun
  6. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る