夏こそ腹巻きのススメ

blog1

クールビズも始まり、日傘も目立つようになったこの季節、クーラーをつけはじめた会社も増えてきているのではないでしょうか。
こんな時期だからこそ、導入をお勧めしたいアイテムがあります。

夏こそ腹巻きのススメ

これからの季節、肌の露出も増えますが、その分外気にさらされる部分も増え、体は冷えやすくなっています。
節電やクールビズの呼びかけで緩和されてはきたものの、オフィスや電車等、まだまだ冷房が効いているスポットは多くあります。
外の暑さで冷たい飲み物をいつもより多く飲んでしまったり、寝る時までクーラーをつけてしまったり……。
気づかないうちに、体を冷やし過ぎてしまってはいませんか。

夏冷えとは

こうした夏の冷え性は「夏冷え」とよばれるものです。
そもそも冷えとは、脳内の自律神経が体温調節の指令を送れなくなる事が原因といわれています。
夏冷えは外気の暑さと冷房の寒さとで体に過度のストレスがかかり、その結果自律神経が乱れ、正常な体温調節を行うことができなくなります。
さらに、冷房等や冷たい食べ物を多く摂取することで、体内からも物理的に冷やされ、体のバランスが崩れていくのです。
これを元に戻さないまま過ごしてしまうことで、汗を書けないまま体内に老廃物が溜まり、血流が滞って慢性的な冷え性となり、さまざまな体調異常をきたすようになってしまいます。

冷え性は、腹痛・生理痛・肩や腰の痛み・集中力の欠如・頭痛等を引き起こすことがわかっています。
さらに、そうめんやアイスクリーム等、冷たい食べ物を摂利過ことで、内臓まで冷えてしまい、頭痛やだるさといった夏バテ症状も現れはじめることとなるのです。

腹巻きの有効性

今この瞬間、お腹に直に手で触れてみてください。
ほかの部分よりも冷たい感じがしませんか。
少しでも温度が低いと感じたら、それは冷えの兆候です。
上半身が36℃前後なのに対し、太もものあたりは31℃前後まで下がってしまっている人も多くいます。
そこで注目されるのが腹巻き!
冷たい食べ物の摂取で内臓まで冷えてしまった体から、熱が逃げるのを防ぐ効果があるほか、女性は特にお腹周りには子宮等、重要な内臓器官も多くあります。
そういった部分の冷えを防ぐため、夏用の腹巻の着用をお勧めします。
さらに、冷えを防ぐことで体温が保たれ、さらにお腹にある肝臓を温めることで血行が良くなり代謝がアップするためダイエット等にも効果が見られるようです。

他にも温めておきたい場所

お腹のほかにも、夏に冷えやすい場所はいくつかあります。
それは、足首と首回りです。
特に足首は心臓からも遠い末端にあるため冷えやすいもの。
夏場の職場では併せて靴下をはくと効果的でしょう。
さらに、首回りは太い血管も多く、脳に近いため、首を冷やすことで自律神経失調症にもなりやすいといわれています。
軽くストールをまくなど、こちらも冷えに対する対策が必要です。

佐々木 泉

佐々木 泉株式会社ドクタートラスト 経営企画部 広報課

投稿者プロフィール

企業の健康を考えるこの会社で、
皆様が心身共に元気に過ごせる日常をサポートいたします。
少しでも、皆さんの力になれたらうれしいです。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. o0800080012607003344

    産業医選任の届出には何が必要?

  2. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  3. taimingu

    人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

  4. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  5. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

一目置かれる健康知識

  1. 170328
  2. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  3. jiritu
  4. mashin
  5. 0119-kahunsyou
  6. kusuri
  7. tabajo-675x400
ページ上部へ戻る