知っておきたい女性特有の脳卒中サイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
nou

女性と脳卒中

脳卒中というと、老人がなるもの、男性がなるもの・・・と思ってはいないだろうか。
確かに、脳卒中が起こりやすい年齢は年代と共に上昇する。特に、40代から50代になると、発症する率は急激に高まり、罹患する人数も、女性より男性の方が多い。

しかし、最近では30代、40代、50代前半の有名な女優や女性タレントが脳卒中(脳梗塞)を起こしたことが度々ニュースで報じられている。
脳卒中を引き起こす女性特有の原因や、症状があるのだが、実際はあまり知られていないのが現状だ。

女性が脳卒中になる原因とは

女性に特有の原因としては、妊娠や、低用量ピルの使用、更年期等における女性ホルモン補充療法がある。
妊産婦の死亡原因の第2位は頭蓋内出血であり、出産前後の体の大きな変化は脳卒中の大きな要因だ。
更に、避妊用ピルや女性ホルモン剤の使用も、脳卒中のリスクを上げる。そのため、治療中は、医師の定期的な診察を受けることが必須だ。
避妊用ピルに関しては、インターネットで個人輸入が可能であるため、自己判断で使用するケースもあるそうだが、脳卒中のリスクを考えればやめた方がよい。

女性特有の脳卒中の症状

それでは、女性特有の脳卒中の症状とはなんなのだろうか。
特徴的なものとして以下の4つがある。

・胸の痛みをともなうしゃっくり(※なかなか止まらない)
・めまい(グルグルまわるようなめまいや、フラフラ感、グラグラ感)
・頭痛
・体の半分だけ感じる強いしびれ

実は、この中の症状が1つだけであったとしても、軽い脳梗塞を起こしている可能性があるのだ。
脳卒中というと、激しい頭痛や急にバタンと倒れるイメージがあるかもしれないが、実際は軽い症状から始まることも多いので、十分に注意が必要だ。

異常を感じたら早期の受診を

例えばしゃっくりなら「胃の疲れ」、めまいなら「疲れ」「寝不足」と自己判断で受診を怠りやすい。
特に女性の場合は、家事や育児に加え、家族の体調管理を優先させたために受診が遅れるケースが多いため、異常を感じたら、なるべく早い段階で受診をするよう心がけたい。
受診先は内科でも良いが、「何かおかしい」と感じたら、脳神経外科のある規模が大きめの病院を受診することも大切だ。症状によっては、すぐに精密検査を受けることができる。

一旦症状があらわれ、消えた場合でも、詰まりかけた脳の血管がすぐに再開通しただけということもある。
脳卒中の症状を自分も家族も知っておき、いざというときに、すぐに対応できるようにしておくことが大切だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。
社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  2. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  3. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  4. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. 0119-kahunsyou
  4. kahun
  5. mashin
  6. 170328
  7. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
ページ上部へ戻る