衛生管理者とストレスチェック制度

eisei&check

本ページでも度々取り上げている通り、今年の12月からストレスチェック制度の義務化が始まる。
現段階においては、何をすべきか把握出来ていない方がほとんどではないだろうか?
そこで今回は、ストレスチェック制度における衛生管理者の役割を考えていきたいと思う。

衛生管理者の役割

まず初めに、ストレスチェックを行う為には衛生委員会等にて、方法や個人情報の取り扱い、対応の窓口などを決定しなければならない。当然、衛生委員会等においては衛生管理者が出席しているはずなのでその取りまとめを行う必要があるだろう。

次に、実施をする際だが、産業医もしくは、
保健師・看護師・精神保健福祉士のどの者かが実施者としてメインの業務を担う。
ただし、上記の専門職は専属産業医を置くほどの規模でなければ、およそ月に1回訪問程度の嘱託業務となっているだろう。そこで必要となるのが実施事務従事者と呼ばれる、実施者とともに健康情報を取り扱う等、実務を担う役割者だ。

厚生労働省が出したマニュアルによれば、ストレスチェック制度の管理等を行う実務担当は衛生管理者が行うことが望ましいとされていることもあり、実施事務従事者においては健康情報を扱うことを考えると、衛生管理者が適任といえるだろう。

では、実施事務従事者となった衛生管理者は実際に何をすればいいのだろうか?

実施事務従事者としての役割

基本的な役割としては、下記が挙げられる。

①ストレスチェック実施の事務
⇒個人の調査票のデータ入力、結果の出力又は記録の保存(事業者に指名された場合に限る。)等に携わる。
②高ストレス判定者への面接申出勧奨
⇒ストレスチェックの結果で高ストレスと判断された者が面接の申出を行わない場合、実施者以外で申出勧奨を行うことが出来るのは実施事務従事者のみである。
③事業者への結果の提供の同意取得

⇒結果を事業者に提供して良いかどうかの同意を受検者に取る

上記からも分かる通り、ストレスチェックへの関わりは非常に濃いものとなることは間違いなく、まだ制度が始まっていない中ではあるが、想定されうる業務だけでも多岐に渡ることが分かるだろう。

今後はより専門的な業務に

上記に挙げた事項は、ストレスチェック制度の一端に過ぎず、実際に制度が始まると想定以上の業務が降りかかるやも知れない。ただでさえ衛生管理者は通常の業務に加え、健康診断結果の取り扱いや、衛生委員会への出席等があり、多忙を極めているであろう。

そんな中、ストレスチェック制度が始まることによりこれまで以上に衛生管理者に圧し掛かる重圧は重くなる上、今後はより衛生管理者として、専門的な知識、業務が求められていくこととなる。
これまで、”選任されたから何となく”衛生管理者を担ってきたような方は、早めの準備を心がけ、来るストレスチェック制度に向けて十分に備えておくことをお薦めする。

ストレスチェックでお悩みの方はぜひ、ドクタートラストまでご相談ください。

山中 学

山中 学株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

産業保健分野に関する情報を、
素早く正確にお伝え出来るよう、頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  2. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  3. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  4. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  5. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

一目置かれる健康知識

  1. 170328
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. jiritu
  4. 0119-kahunsyou
  5. mashin
  6. 180427_hashika
  7. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
ページ上部へ戻る