危険な巻き肩

makigata650_330

「巻き肩」をご存じだろうか。

巻き肩とは

・・・イラストのように、
パソコンやスマホを長時間扱っている方に多く、
肩が前に出て、さらに内側にねじれた状態のことを言う。

巻き肩の危険性

巻き肩が危険なのは、肩周辺の筋肉が固くなってしまい、
肋骨が動かせなくなることで、肺が完全な状態で機能できなくなり、
呼吸が浅くなることだ。

呼吸が浅くなると、代謝が落ち、疲労物質が蓄積され、
慢性的に疲れや眠気がとれなかったり、肩こりや内臓の不調などの
様々な健康障害が出てくる。

それに加え、交感神経が過剰に働き、セカセカしたり、気分が落ち着かない、動悸、不安感を強めるなど、ストレスを感じやすくなる。
スマホを見るときはついつい下を向きがちだが、
巻き肩にならないよう、姿勢を意識しながら扱うことが大切である。

次回は、既に巻き肩のクセがついてしまっている人に
効果的な対策をご紹介したいと思う。

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  2. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  3. 080301

    派遣労働者の健康診断 良くある質問集

  4. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  5. sofa

    休養室にも設置義務があります!

一目置かれる健康知識

  1. jiritu
  2. kusuri
  3. kahun
  4. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  5. 0119-kahunsyou
  6. tabajo-675x400
  7. mashin
ページ上部へ戻る