危険な巻き肩

makigata650_330

「巻き肩」をご存じだろうか。

巻き肩とは

・・・イラストのように、
パソコンやスマホを長時間扱っている方に多く、
肩が前に出て、さらに内側にねじれた状態のことを言う。

巻き肩の危険性

巻き肩が危険なのは、肩周辺の筋肉が固くなってしまい、
肋骨が動かせなくなることで、肺が完全な状態で機能できなくなり、
呼吸が浅くなることだ。

呼吸が浅くなると、代謝が落ち、疲労物質が蓄積され、
慢性的に疲れや眠気がとれなかったり、肩こりや内臓の不調などの
様々な健康障害が出てくる。

それに加え、交感神経が過剰に働き、セカセカしたり、気分が落ち着かない、動悸、不安感を強めるなど、ストレスを感じやすくなる。
スマホを見るときはついつい下を向きがちだが、
巻き肩にならないよう、姿勢を意識しながら扱うことが大切である。

次回は、既に巻き肩のクセがついてしまっている人に
効果的な対策をご紹介したいと思う。

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  2. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  3. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  4. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  5. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

一目置かれる健康知識

  1. AdobeStock_50156371
  2. 171121
  3. nyuugann
  4. manindensya
  5. ドライアイ
  6. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  7. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
ページ上部へ戻る