ゼロ災運動

o0750053212918510587

ゼロ災運動とは

中央労働災害防止協会が提唱している、全員参加で安全衛生を先取りし、
労働災害をゼロにしようという安全衛生運動である。

ゼロ災運動は単に災害や疾病がいくらか減ればよいとするような消極的なものではない。
この運動は人間尊重の基本理念に基づいて、厳しく一切の労働災害を許さず、
職場の危険や問題点を全員参加で把接し、解決し、安全衛生を先取りしていこうとするものである。

あくまでもゼロを究極の目標として、安全衛生のあり方を追求し、
人間中心の明るく健康で快適な職場をつくり出していこうとする運動である。

理念3原則

1.ゼロの原則
  単に死亡災害・休業災害だけがなければよいという考えではなく、
  職場や作業に潜むすべての危険を発見・把握・解決し、
  根底から労働災害をゼロにしてゆこうという考え方。

2.先取りの原則
  究極の目標としてのゼロ災害・ゼロ疾病の職場を実現するために、
  事故・災害が起こる前に、職場や作業にひそむ危険の芽を摘み取り、
  安全と健康(労働衛生)を先取りする事。

3.参加の原則
  職場や作業にひそむ危険を発見・把握・解決するために、
  経営者、管理監督者、スタッフ、作業者が
  全員一致協力して、それぞれの立場・持場で、自主的自発的に問題解決行動を実域する事。

ゼロ災運動推進3本柱

1.トップの経営体制
  安全衛生はまずトップのゼロ災害・ゼロ疾病への厳しい姿勢が大切である。
  「働く者一人ひとりが大事だ」、「一人もケガ人は出すまい」
  という人間尊重の決意から運動は出発する。
  これはトップが人間尊重の心を経営の基本の第一に据えて、
  一人ひとりの従業員の安全に、
  かつ、健康に業務を全うさせることこそ企業責任であると気づくことでもある。

2.ライン化の徹底
  安全衛生を推進するには、管理監督者(ライン)が作業の中に安全衛生を
  一体のものとして組み込んで率先垂範して実践することが不可欠である。
  部下の安全衛生の確保はラインの本来的な任務である。
  「自分の部下は、誰一人ケガはさせない」というラインの強い決意と実践がなければ、
  ゼロ災運動は始まらない。部下一人ひとりをきめ細かく指導・援助するのは、
  ラインでなければ不可能だからである。

3.職場自主活動の活発化
  一人ひとりが危ない事を危ないと気が付く事。
  そして「自分は決してケガをするまい」、「仲間からケガ人を出さない」、
  そのためにみんなで「こうやろう」、「こうしよう」という決意と
  実践活動がなければ、職場の日々の安全を確保することはできない。

労働災害はある程度やむを得ないという考えではなく
一件も起こさないという強い決意と
日々の心掛けが労災をゼロにするためには不可欠である。

船渡川 太一

船渡川 太一株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

働く人の為になる情報をわかりやすく提供致します。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  2. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  3. 170628%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

    産休や育休で有給休暇は減ってしまう?

  4. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  5. 9dacecf7edba8071a64e35f16f448678_m

    衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. 180427_hashika
  3. jiritu
  4. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  5. mashin
  6. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  7. 0119-kahunsyou
ページ上部へ戻る