長時間の移動 エコノミークラス症候群

0df282cf725cecbde07f8a7e37d32879_m

エコノミークラス症候群

座席間隔が狭く、また飛行機内の特殊性として体の動きが制限されることから、エコノミークラスで発症する確率が高いため、そう呼ばれるようになった。

しかし、長時間の同一姿勢や脱水が原因で起こることから、飛行機に限って起こることではない。
その他の乗り物でも発症する可能性は十分にあり、最近では「旅行者血栓症」という名前にしようともいわれている。

原因

前述のように、同一姿勢を長くとることや、脱水によって血栓はできやすくなる。
血栓とは、血管の中にできる血液の塊のことだが、長時間同じ姿勢をとっていることで足の血液の流れが滞り、静脈のうっ滞をきたす事でできやすくなる。
肥満や妊娠中の方では、腹部の大きな静脈が圧迫されて血液の流れが悪くなる。
このような場合も血栓症の危険性が高くなることが知られている。
また、血栓ができやすくなるのは、血液そのものがどろどろしていることも重要な要因の一つ。
機内が乾燥している環境下では、意識して普段以上に水分補給をしないと、脱水を起こしやすいのだ。
他に、喫煙やピルの内服なども、血液がどろどろになる傾向を促進するため、注意が必要である。

対策

1.こまめな水分補給
アルコール飲料や緑茶・紅茶・コーヒーなどカフェインを含む飲み物は利尿作用があり、かえって脱水を引き起こす恐れがあるため、水分補給目的としては水やイオン飲料をお勧めする。

2.座席で足の指や足首の上下運動をする
足元に血液が溜まりやすいため、血流が滞らないよう、目安としては1時間ごとに行う。
「足が重だるい」、「むくんでいる」と感じたら、血液が足元で滞っているサイン。
こういった自覚症状が出てくる前に、こまめにパタパタ足を動かそう。

3.衣服はゆったりめに
ベルトやゴムのきつい靴下、タイトな服は、限られた空間・姿勢の中で、余計な圧迫となる。長時間の姿勢でも苦しくない服選びが大切だ。

4.足を組まない
膝の裏には静脈の合流部がある。この部分が圧迫されないよう、足は組まないようにすること。

林 晴香

林 晴香株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の林です。
産業保健分野に限らず、健康に関するお役立ち情報を配信できればと思っております。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  2. 0517%e7%94%a8

    ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

  3. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  4. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  5. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

  1. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  2. 170328
  3. kusuri
  4. 1215-suiminbusoku1221
  5. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  6. tabajo-675x400
  7. kahun
ページ上部へ戻る