春の体調不良 ~春は自律神経が乱れやすい季節~

kahun

そもそも自律神経とは

心臓の動き、血圧、食物の消化、体温調整など生命を維持する上で重要な身体の機能をコントロールしている神経で、興奮する時に働く交感神経・リラックスする時に働く副交感神経から成り立っています。
私たちが健康で快適に過ごすことができるのは、この交感神経と副交感神経がバランスよく働いているおかげです。

なぜ春は自律神経が乱れやすいのか

春に自律神経が乱れやすい理由としては、以下が挙げられます。

・ 気温の変化が大きい
・ 新入社員を迎えたり、配置転換など環境の変化が大きくストレスが多くなる
・ 身体の各器官の動きが活発になる季節のため、代謝が促進されることによる体内のエネルギーが不足しやすい
・ 冬に活発だった交感神経から、夏に活発になる副交感神経の移り変わる時期である

自律神経が乱れるとどうなるのか

また、自律神経が乱れると以下のような不快な症状が体に出てきます。

・ 身体がだるい・眠い
・ 食欲が出ない
・ イライラする
・ 便秘・下痢
・ 動悸・息苦しさ
・ めまい
・ 頭痛

春の自律神経の乱れを乗り切るには

・ 生活リズムが乱れると、体内時計のリズムが崩れ、自律神経の働きに悪い影響を与えるため、決まった時間に起床就寝するなど生活リズムを作る
・ 自律神経の働きを整える作用のあるビタミン・カルシウム・ミネラルを中心に、栄養バランスのよい食事をしっかりとる
・ 夜更かしが続くと、副交感神経と自律神経の切り替えがうまくいかなくなるため、 自分に合った休養(睡眠)時間をとる
・ リラックスする時間を作る
・ 体温調整がうまくいかないと、自律神経の働きが不安定になるため、カーディガンやストールを使い体温調節を行う
・ ストレス解消をする
・ ストレッチや散歩など負担にならない程度にからだを動かす習慣をつける

自律神経の乱れがないかチェック

下記のうち2つ以上当てはまったら要チェックです。
日常生活で支障がある場合は、まずは症状にあった科を受診しましょう。
検査で異常がない場合に初めて”自律神経失調症”という自律神経の乱れによる病気であることが診断され、治療が開始されます。

1. めまいや耳鳴りのする時が多い。また、立ちくらみをよく起こす。
2. 胸が締め付けられる感じがする。胸(心)がザワザワする感じが時々ある。
3. 心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
4. 息苦しくなるときがある。
5. 夏でも手足が冷えるときがある。
6. 胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけ・胃が重いなど)
7. よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
8. 肩こりや腰痛がなかなか治らない。
9. 手足がだるい時が多い。
10. 顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
11. 朝、起きる時に疲労を感じる。
12. 気候の変化に弱い。
13. やけにまぶしく感じる時がある。
14. 寝ても寝ても寝たりない。
15. 夢をよく見る。
16. 風邪でもないのに咳がよく出る。
17. 飲み込みづらい時がある。ノドに違和感がある。ロレツが回らない時がある。

春の体調不良をうまく乗り切ろう

春は、どうしても上記のような理由から、眠い・イライラするなど体調不良を感じることが多くなってしまうが、生活リズムを整えたり、しっかりと食事をとるなどして春の体調不良をうまく乗り切ろう。

吉野 紗也

吉野 紗也株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. N934_karutewomitekangaerudr

    休業中の定期健康診断について

  2. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  3. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  4. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  5. taimingu

    人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

一目置かれる健康知識

  1. 1215-suiminbusoku1221
  2. jiritu
  3. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  4. kahun
  5. kusuri
  6. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  7. mashin
ページ上部へ戻る