6月から更に注意!サプリメントの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
4e9637380d0a4e630e7de35f4be1a4e4_m

男性の3人に1人がサプリメントを愛用している

多忙や単身生活など、様々な理由で充分な栄養素を食事から摂れないことが多い現代。サプリメントを利用する人の割合は、かなり多い。
あるリサーチ結果では、以下のような結果が出ている。
■全体の4割以上が「(サプリメントを)摂取している」と回答。性別では男性が3人に1人、女性は2人に1人が利用。
 世代別では30代の利用が最多。
■利用者の7割以上が「1日1、2種類を摂取」と回答。中には10種類という声も。
(アサヒホールディングス ニュースリリースより引用 http://www.asahigroup-holdings.com/news/2012/0810.html)

何を飲むか?難しいサプリメント選び

上記のリリース結果を見てみると、働き盛りの男性・女性ともに高い割合でサプリメントを利用している実態がうかがえる。
保健指導をしていても、「サプリメントは何がお薦めですか?」「何を飲んでいいのかわからなくて・・・。」といった相談を受けることも少なくない。期待したい効果が多すぎて、サプリメントを数種類服用していたものの、結果的に成分が重複していた・・・というケースも少なくない。

サプリメントの選び方が難しいのは、効果の書き方が曖昧なことも原因の1つであろう。
サプリメントはあくまで「食品」であり、「医薬品」ではない。そのため、サプリメントはあくまで「食品」であり、「医薬品」ではない。そのため、「疲労回復」「ニキビの改善」「老化の防止」など、体の特定部位への効果は謳えず、なんとなく効果を連想させるような表現しかできなかった。
結果として、似たような成分が入っているものを数種類飲んでしまったり、逆に必要とする成分が入っていないものを選んでしまいがちであった。

2015年4月から変わる、サプリメントの表記

しかし、2015年4月より『機能性表示食品制度』という新しい制度が始まる。
「トクホ」などと同様に、健康への科学的な根拠を消費者庁に届け出れば、事業者の責任で、パッケージに健康への効果を記載出来るようになるのだ。もちろん病気への効果を記載することは出来ないが、「免疫強化」「眼の調子を整える」「肌の調子を整える」などの表記は可能となる。

今までより効果が分かりやすいから、いいじゃないか!と思われる方も多いだろう。

しかし、問題は、「トクホ」のように国が審査・許可をするわけではないということだ。あくまで販売する企業が、必要な情報を消費者庁に届け出るだけで販売が可能になる。国が安全性を調査し、お墨付きをくれるトクホとは大きく異なるのだ。従来のようにトクホだから安心!というわけではなく、消費者自身のサプリメントを選ぶ眼が必要となってくる。

このような新しい表記のサプリメントは、最短で6月頃より市場に出てくるとのことなので、サプリメントを愛用する人は、よく注意して効果効能と成分を見極めて欲しい。

迷ったら見るべきポイント

良質なサプリメントを選ぶポイントは、以下の4つと言われている。
(1)何からつくられているのか(原料)
(2)栄養成分はどんな構成になっているのか(規格=レシピ)
(3)栄養成分以外に、何がどれくらい入っているのか(添加物)
(4)どんなふうにつくられているのか(製造基準)

原材料は食品に近いものが良く、更に、様々な栄養素がバランスよく働くような組成になっているものが良い。更に、添加物は少ない方が良く、国内の安全基準に則って作られたものが安心だ。

成分の見極めに自信がない、いろんな効果が気になってサプリメントを選びきれない・・・そんな方は、やはりマルチビタミンを摂るのが良いだろう。様々な栄養素がバランスよく組み合わされているため、特定の成分を多く摂りすぎる心配もない。
日本の製品より米国の製品の方が、栄養素の含有量は多くなっている。より高い効果を実感したい場合は、米国製のもので、医療機関でも使用されている製品もチェックしてみてはどうだろうか。

サプリメントに頼らず、食事が基本!!というのは正しい。しかし、時間や場所など、様々な制約から必要な栄養素を取りきれないのであれば、上手にサプリメントを併用することで、体の調子を整えることができる。
大切なのは、「サプリメントを飲んでいるから、食事は何を食べても良い」と思い込まないことだ。
3食外食をしていては、どんなにメニューに気を付けていても、ビタミンやミネラルの不足は避けられない。日々の食事には最大限に気を付けつつ、外食が続いたらサプリメントも併用するという姿勢を持つことが大切だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sofa

    休養室にも設置義務があります!

  2. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  3. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  4. taimingu

    人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

  5. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

一目置かれる健康知識

  1. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  2. tabajo-675x400
  3. kahun
  4. 170328
  5. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  6. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  7. jiritu
ページ上部へ戻る