幸せ物質セロトニンを増やそう!

062420

セロトニンはストレスによる脳の疲労を防ぎ、幸福感、満足感などを感じやすくなり、
精神的安定に大きく関与する神経伝達物質の一つだ。

例え微量であっても、人間の精神や行動に大きく関わってくるのだ。
そんな幸せ物質とも呼ばれるセロトニンを、サプリに頼らず増やす方法を紹介したい。

セロトニンを増やす方法

1.早寝早起き
2.リズム運動
3.スキンシップ
4.トリプトファンを含む食事

1.早起きの生活を心掛けていると、セロトニンの分泌量が増すということが分かっている。
  また朝日の柔らかな光が網膜を刺激すると、セロトニン神経が活発になる。
  電気では弱すぎるし、日中の太陽では強すぎなので、
  カーテンや窓越しでも良いので、午前8時までの朝日を積極的に浴びよう。

2.セロトニン神経はリズミカルな運動によって活性化される。
  最も基本的なリズム運動として、歩行運動、食事の際の咀嚼、意識的な呼吸などがある。
  これらのリズム運動はセロトニン神経を刺激して覚醒状態を高める効果がある。
  特に朝日を浴びながら、朝食をしっかり噛んで食べる効果が高い。
  ガムを噛む事でも同様の効果が期待できると言われている。
  「何も考えないで行える単調なリズム運動」を15分程するのがよい。
 
3.家族や恋人、友人やペットなど、仲間と触れ合う事でセロトニン神経は活性する。
  メールや電話ではなく、直接会うことを心掛けよう。

4.セロトニン分泌にはアミノ酸の一種である「トリプトファン」と
  「ビタミンB6」が必要である。
  トリプトファンの豊富な食材:
      赤身の魚、バナナ、乳製品(チーズやヨーグルト)、
      ナッツ類(アーモンドやヒマワリの種)、
      大豆食品(納豆や豆乳)、そば、魚卵(イクラやタラコ)
  ビタミンB6の豊富な食材:
      レバー、肉類(豚、鳥、牛)、魚類、ナッツ類(ピスタチオ)

家族揃っての朝ごはん

毎日家族揃って朝食を食べる世帯は20%程度という報告がある。
現代、生活リズムの不一致から朝夜共に家族が揃って食事するのは難しくなってはいるが、
幸せ家族の第一歩として、朝食を揃って摂りたいものだ。

人間の本来の生活リズム「昼間に活動し夜は寝る」。
この体内時計を守り、バランスの良い食事を摂ることが幸福に生きることに繋がる。
幸福とは難しいものではなく、本来あるべき姿と言えるだろう。
 

山口 紗英

山口 紗英株式会社ドクタートラスト 精神保健福祉士

投稿者プロフィール

職場のメンタルヘルスに世の中の関心が向いている今だからこそ、こころの健康の重要さを理解して頂けるチャンスと考え、企業やはたらく皆様のお力に少しでもなれたらと思っています。精神科病院等医療現場での経験を生かせるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  3. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  4. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

一目置かれる健康知識

  1. mashin
  2. kahun
  3. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  4. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  7. tabajo-675x400
ページ上部へ戻る