女性の禁煙~月経周期で成功に差~

femme triste fumant

今年の目標を「禁煙」にされた方はどのくらいいるだろうか。
今回はそのうち、女性の喫煙者の方々にとって興味深い研究結果があるので紹介したい。

それは、女性には「禁煙に成功しやすいタイミングがある」というものだ。
英紙「The Daily Mail」をはじめとする、複数の海外メディアに報じられたこちらの研究である。

研究の内容

カナダ・モントリオール大学のAdrianna Mendrek氏らの研究によると、
禁煙したい女性は、月経周期の特定の時期に禁煙すると成功率が高まることが分かった。

研究グループは、1日に15本以上のタバコを吸う被験者(男女34名)を集め、調査を実施。
方法はアンケートや、喫煙を想起させる写真を見たときの脳の変化をMRIにて解析し、
その際、女性は月経直後にあたる卵胞期の初めと、月経前の黄体期の中頃との2回撮影を行った。

排卵後に禁煙すると成功率が上昇

結果、女性の「タバコを吸いたい」という喫煙願望が強くなるのは、月経後の卵胞期であることがわかった。
この時期は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が減少するのだが、
この女性ホルモンの減少している時期ほど渇望に関係する神経回路の活性を招き、欲求が高まるのだという。

これは女性の方が、男性喫煙者よりも禁煙に困難が伴う時期があることを示しているが、
逆に言えば、タイミングさえはかれば、禁煙に適した時期もあるということを意味する。

以上の結果を踏まえ、研究グループは女性ホルモンが多く分泌される時期、つまり、排卵後の黄体期を女性が禁煙に成功しやすい時期とした。

 

神経回路の活性化そのものには、男女で有意差はない。
しかし、女性では月経周期でホルモンの影響を受け、神経回路の活性化パターンが変化するため、
こうした月経周期を考慮することが、女性の禁煙に役立つ可能性があると言えるだろう。
欲求が高まりやすいとされる時期は、意図的に喫煙を連想させる物・環境から遠ざかる工夫をし、
適したタイミングでタバコを絶つことで、取り組みやすく継続ができるのではないだろうか。

林 晴香

林 晴香株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の林です。
産業保健分野に限らず、健康に関するお役立ち情報を配信できればと思っております。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  2. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  3. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  4. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. nyuugann
  2. 落ち込むビジネスマン
  3. AdobeStock_50156371
  4. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  5. 疲れ目のサイン
  6. jiritu
  7. ドライアイ
ページ上部へ戻る