タバコを吸うと、血圧はどうなる?

tabajo-675x400

今日は健康診断を前に、愛煙家の皆さんにプチ情報です。

血圧は、激しい運動をしたり、疲れやストレスがたまると上昇することは、ご存じだと思いますが、
タバコとの関係はどうでしょうか。

喫煙直後には、血圧はどうなる?

①変化しない
②下がる
③上がる

血圧が喫煙による影響を受けないならば、喫煙直後でも血圧に変化は見られないはずですよね。
愛煙家にとって、喫煙行動は息抜きであり、リラックスやストレス解消の効果があるそうです。リラックス・ストレス解消が出来るなら、血圧は下がっているのでは?
タバコって体に悪いって言うぐらいだから、血圧は上がるんじゃないの?
色々考えられますが、実際にタバコを吸ってみても、何の変化も感じていない方が大半ではないでしょうか。

では、答えを確認するために、このようなグラフをご紹介します。

これは、循環器病情報サービスのHPに記載されているグラフです。
<飲酒・喫煙と循環器病>

このグラフの示している内容は、一服のタバコで収縮期血圧(最高血圧)が110から130へ、心拍数が60回前後から80回前後まで、上昇するということです。

ということで、『③上がる』 が正解です。

では、喫煙によってなぜ血圧が上がるのでしょうか?

タバコには、4000種類以上の化学物質が含まれています。
その中でも、血圧に影響を与える物質がニコチンです。
たばこを吸うと、ニコチンが交感神経系を刺激するために、血圧が上がり、脈拍が増えます。

一般に、タバコ吸う事で1分間の脈拍は15~25増加し、最高血圧で3~12mmHg、最低血圧で5~10mmHg上昇させるとされています。

ということは、血圧測定直前にタバコを吸うと、最高血圧が130mmHgの人でも、140mmHg以上になり高血圧を指摘される可能性もあるということです。

実は、健康診断を受診する直前にタバコを吸われる方は多くいます。
医療機関の施設内はもちろん禁煙なので、数時間タバコを吸えないと思うと、「最後に1本」と思いがちですが、その1本が『高血圧』と判定される原因の可能性もあります。
ニコチンによる、血圧上昇作用は20分程度で正常に戻ると言われています。
健康診断を受診する30分以上前には、喫煙を控えるようにしましょう。

保健師アドバイス
1日に20回タバコを吸う人は、この血圧変動が20回繰り返されています。
血管にそれだけの負荷がかかり続けると動脈硬化の原因にもなります。
また、喫煙による動脈硬化のメカニズムとしては、直接血管内皮への収縮作用等の障害のほか、
糖代謝障害、脂質代謝障害、凝固機能の亢進といったものが複合して動脈硬化を進行させることが分かっています。
一番良いのは、禁煙することだということも理解しておきましょう。

大久保 優子

大久保 優子株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

みんなが元気に働ける社会が目標です!
産業保健の魅力と大切さを伝える情報を、発信出来るように頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  2. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  3. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  4. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

一目置かれる健康知識

  1. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  2. 落ち込むビジネスマン
  3. tabajo-675x400
  4. 疲れ目のサイン
  5. 2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_m
  6. manindensya
  7. 杉井記事
ページ上部へ戻る