頭痛薬の頼りすぎに注意

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

頭が痛いと、何をするのも億劫になる。書いている私自身も厄介な偏頭痛もちで吐気が出たり、起き上がれなく
なることもあるほどだ。そんな時に頼りになるのが頭痛薬。しかし、薬に頼りすぎてしまうことによって
もたらされる健康被害があるので注意して使いたい。

胃腸障害

市販薬の副作用欄にも載っている代表的な副作用である胃腸障害。
薬を飲むことによって痛みが緩和される仕組みは、プロスタグランジンという頭痛を発生させる成分が
薬によって抑えられるというところにある。
このプロスタグランジンを減少させることによって、実は、胃を守ってくれている胃の粘膜の分泌も減少させてしまうため、薬の飲み過ぎにより、胃の粘膜保護のシステムが働かなくなってしまい、胃のムカつきや気持ち悪さが誘発されてしまうことがある。
これを防ぐためにも、薬を飲むときは空腹時ではなく何か胃に物を入れてから飲むようにしたり、1週間以上連続して服用することを避けるという注意が必要である。

薬物乱用頭痛

1ヶ月に10日以上薬を服用していると、脳が痛みに敏感になり、以前だったら薬を飲むまでもない些細な頭痛に対しても薬を飲んでしまうため服薬回数が増え、薬も効きにくくなってくるという悪循環に陥る。
この悪循環により生じる頭痛を薬物乱用頭痛という。
薬物乱用頭痛の症状は1ヶ月に15日以上頭部が締め付けられるような持続的で不快なもの、更に時々発作性の激しい頭痛が起こるというようなものである。また、この頭痛はほぼすべての鎮痛剤が効かないか、乱用中の鎮痛剤のみがごく短時間有効という状況になってしまう。
これを防ぐためには、単一成分で構成されている薬を選び、薬の乱用はしないようにすること、市販の鎮痛薬を予防的に飲まないようにすること、出来るだけ頭痛外来や神経内科など専門医へかかることを心がけることが大切だ。

このように便利な薬も飲み過ぎてしまうと、怖い副作用が起こってくる。
頭痛がしたら、すべての頭痛に対して薬を使うのではなく、
片頭痛であれば刺激を避けて静かな薄暗い部屋で横になったり、カフェインを含んだ飲み物を飲んだり、痛むところを冷やす
緊張性頭痛であればマッサージをしてみる、お風呂に入ってリラックスするなど頭痛薬以外の方法で頭痛が緩和しないかまず試してみてはどうだろうか。

吉野 紗也

吉野 紗也株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  2. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  3. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  4. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  2. nyuugann
  3. %e7%94%a3%e6%a5%ad%e5%8c%bb%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
  4. AdobeStock_50156371
  5. 落ち込むビジネスマン
  6. tabajo-675x400
  7. jiritu
ページ上部へ戻る