ストレスチェックにおける産業保健スタッフの守秘義務

唇に指を当てる女性

現在、厚生労働省で制度を検討されているストレスチェックであるが、
ストレスチェックを受けた結果の取扱いについて今回は触れてみたい。

制度の目的

もともとこの制度が導入された背景としては、
職業生活で強いストレスを感じている労働者の割合が高い状況で推移しており、
精神障害の労災認定が3年連続で過去最多を更新していること等がある。

そこでストレスチェックを行う目的としては、
①労働者のメンタルヘルス不調の未然防止(一次予防)
②労働者自身のストレスの気付きを促す
③ストレスの原因となる職場環境への改善へつなげる
となっている。

守秘義務

ストレスチェックの結果は、健康情報という非常に機微な情報となる。
もしこれが事業者に知られると、不利益な扱いを受ける可能性が残る。
またそれが予測されるために正常なチェック結果に至らない可能性がある。

従って、その結果の通知を事業者は受けることができないというスキームとなっている。

もちろんチェックを行った医師や保健師等の産業保健スタッフは、守秘義務を負う。

開示可能なケース

事業者側に開示してよいケースは、
①労働者の同意が得られた場合
②同意を得ることが困難だが、開示することが労働者に明らかに有益である場合
となっている。

②は労働者の生命や財産が損なわれることが脅かされるような緊急事態であり、同意を行う必要がない。
これらは産業医の面談内容に関する情報提供の場合と同様となっている。

杉井 将紘

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 経営企画部 部長

投稿者プロフィール

健康管理に関する疑問・ご質問お気軽にお問い合わせください。お役に立てるよう、誠心誠意対応させて頂きます。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  2. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  3. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  4. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  5. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

一目置かれる健康知識

  1. 疲れ目のサイン
  2. ドライアイ
  3. manindensya
  4. jiritu
  5. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  6. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  7. 落ち込むビジネスマン
ページ上部へ戻る