インフルエンザと湿度管理

IMG_0348

2014 年第 47 週(H26.11.17 ~ H26.11.23)の定点当たり*¹ 報告数は 0.94(患者報告数 4,619)となりました。
都道府県別では岩手県(6.20)、福島県(2.76)、神奈川県(1.96)、東京都(1.92)の順となっており、41都道府県で前週の報告数よりも増加が見られました。

参照:インフルエンザ発生状況について(H26 .11 .28: 厚生労働省)
*1:
インフルエンザは定点把握対象疾患に分類されており、医療機関の中から選定し、協力していただいている 定点医療機関からのみ報告されます。
定点把握対象疾患は、患者数の正確な把握よりも、患者数の動向把握に重点が置かれています。

 

インフルエンザウイルスが飛沫感染であることはよく知られており、うがい・手洗い、マスクなどが感染予防に有効とされています。
人込みや、インフルエンザに罹っている人との接触時には、十分気を付けているとは思いますが、職場や自宅などの室内でもインフルエンザ感染の、危険性があることはご存知ですか?

インフルエンザウイルスは低温乾燥に強く、逆に高温多湿では増殖力や感染力を失います。
21℃の室内で湿度65%の状態を16時間保てば、99%ウィルスが失活するそうです。

 

冬の室内の気温と湿度

地域や天候にもよりますが、この時期なら暖房を使用しない室内の気温は、15度前後が一般的ではないでしょうか。
そして湿度はというと、35%前後まで下がることもあります。
暖房器具を使用すると室内の気温は上がりますが、エアコンなどを使用すると逆に室内の乾燥を助長することもあります。

意外と見落とされがちな湿度ですが、自宅やオフィス内に湿度計はありますか?
特にオフィス内では、以下のような決まりがあります。

事務所衛生基準規則(昭和47年9月30日労働省令第43号)
(空気調和設備等による調整)
第五条
事業者は、空気調和設備(空気を浄化し、その温度、湿度及び流量を調節して供給することができる設備をいう。以下同じ。)又は機械換気設備(空気を浄化し、その流量を調節して供給することができる設備をいう。以下同じ。)を設けている場合は、部屋に供給される空気が、次の各号に適合するように、当該設備を調整しなければならない。
事業者は、空気調和設備を設けている場合は、部屋の気温が17度以上28度以下及び相対湿度が40%以上70%以下になるように努めなければならない。

 

実際には、温度計は設置されているオフィスが多いですが、湿度計は設置されていないこともあります。
快適に健康に働くために、気温と湿度の管理は重要です。

インフルエンザウイルスを活性化させない、最適な湿度は50~60%程度と言われています。
空調調和設備が出来ない職場では難しいですが、上記のように空調調和設備があるオフィスでは、加湿器などを利用し湿度を最低でも40%以上を維持し、50~60%に保つことを目指しましょう。

大久保 優子

大久保 優子株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

みんなが元気に働ける社会が目標です!
産業保健の魅力と大切さを伝える情報を、発信出来るように頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  3. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  4. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  5. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

一目置かれる健康知識

  1. ドライアイ
  2. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  3. 疲れ目のサイン
  4. AdobeStock_50156371
  5. jiritu
  6. 落ち込むビジネスマン
  7. nyuugann
ページ上部へ戻る