働くパパ~現実と希望~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

数字を語呂に見立ててイベントを行うことはよくありますが、毎月10日、19日が何の日かご存じでしょうか。
10日はトウサン19日はイクジ、そして年に1度10月19日は「イクメンの日」とし、男性の育児休暇を推進すべく記念日(*)として制定されています。
(*イクメンオブザイヤー実行委員会により制定)
しかし、現実にはイクメンになりたくても、なかなかなれるものではないですね。

「現実」と「希望」

未就学児の父親は、どちらかと言えば、仕事優先というのが「現実」ですが、「仕事と家庭の両立」というのを「希望」に思っている人は多いのではないでしょうか。
実際に厚生労働省の調査では以下のような結果が出ています。
「希望」
・仕事等と家事・育児を同等に重視:51.6%
・どちらかと言えば仕事等が優先:19.8%
・どちらかと言えば家事や育児が優先:15.9%

半数以上の人が仕事に父親業を頑張りたいと思っていることがわかります。

しかし、「現実」の数字は下記のとおりです。
・仕事等と家事・育児を同等に重視:25.9%
・どちらかと言えば仕事等が優先:52.7%
・どちらかと言えば家事や育児が優先:15.9%
この結果から、「現実」と「希望」の狭間にいる男性が多いのがわかります。
もちろん、「希望」どおりになるのが望ましいですが、現状日本社会はまだまだ男性中心であり「希望」に近づくにはあらゆる障害があるのかもしれません。

「パタニティ・ハラスメント」

障害の一つとして「パタニティ(父性)・ハラスメント」が挙げられます。
マタニティ・ハラスメントが注目されている影で、男性が育児休業や、短時間勤務の取得を防ぐハラスメントが横行されているのです。
育児により、仕事の質や生産性を落としていないにも関わらず、ハラスメントをされるのです。
そこで、「希望」「現実」の差を埋める鍵となってくるのがイクボスです。

イクボス

最近までの日本では、妻が出産をすると上司からは、「家族の為に、今以上に働け」「もっと頑張らなければいけない」というような発言が聞き慣れてきました。
もちろん、家族が増える分頑張ることは大切なことですが、イクボスの場合は、「効率良く短時間で成果を出し、早く帰って家族を大切に」という発言になるのです。
イクボスの推奨は、育児をさせることだけが目的ではなく、業務の効率化、チームの業務共有化等、会社全体の業務効率化にも役立ちます。
しかし、「ワークライフバランス」同様、本来の仕事を軽視するようになってはいけないため、本質と目的を忘れないことが大切です。
最後に、現在の日本では子育て中の女性が働きやすい環境や社会について注目されていますが、子育て中の女性が働くには社会の手助けは勿論ながら、家庭での手助けもポイントです。
次の世代を育てるためにも、企業一丸となり「頑張る人が、より頑張れる環境」作りを目指してみるのはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
吉村 麻衣

吉村 麻衣株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

タメになる!得をする!現場の情報を含めお送りしていきます。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 時短勤務でも社保険に加入できる!平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る