事業場施設内での休憩中等の災害について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Dollarphotoclub_59477002

労働契約に基づき事業主の支配管理下と認められる場合の労働災害は
労働基準監督署で手続きをすると、保険給付が受けられる。

【原因・事由】 【災害分類】 【保険】
仕事によるもの 業務災害 労災保険
通勤によるもの 通勤災害 労災保険
その他 その他の災害 健康保険

業務と傷病等の間に一定の因果関係があることを「業務上」と呼び、
業務災害に対する保険給付は、労働者が労災保険の適用される事業場に雇われ、
事業主の支配下にあるときに、業務が原因となって発生した災害に対し行われる。

お昼休みや就業時間前後の災害

出勤して事業場施設内にいても、休憩時間や就業前後は実際に業務をしているわけではないとされ、
この時間に私的な行為によって発生した災害は業務災害とは認められない。

またその他に所定労働時間内や残業時間内に事業場施設内において業務に従事していた場合であっても
次の場合においては労働災害として認められない。

(1)労働者が就業中に私用(私的行為)を行い、または業務を逸脱する恣意的行為をし、
それが原因となって災害を被った場合

(2)労働者が故意に災害を発生させた場合

(3)労働者が個人的な恨みなどにより、第三者から暴行を受けて災害した場合

(4)地震、台風など天災地変によって被災した場合(ただし、事業場の立地条件や
作業条件・作業環境などにより、天災地変に際して災害を被りやすい業務の事情が
あるときは、業務災害と認められる)

休憩時でも認められる場合

原則、休憩時間中は労働から解放され、労働基準法でも自由行動を許可されている時間。
しかし、事業場の施設内においては事業主の支配下を離れていないと考えられるので、
事業場の施設・設備や環境状況などが原因で発生した災害については業務災害の対象となる。

休憩時間中でも、
・整理的必要行為(お手洗いや食事)
・作業と関連のある必要行為(作業場までの移動中など)
上記のような行為よる負傷等は業務上と認められる。

とはいえ、労働災害に対しての防止策がなければ同じ事が繰り返され、
『社内での事故に至る背景』、
『作業場内・施設内で起こりやすい労災事例』
を分析し再発防止や対策を共有していかなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
永野いく未

永野いく未株式会社ドクタートラスト 経営企画部 課長

投稿者プロフィール

親切・丁寧にご相談にのります!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  2. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  3. 170628%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

    産休や育休で有給休暇は減ってしまう?

  4. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

  5. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

一目置かれる健康知識

  1. jiritu
  2. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  3. 180427_hashika
  4. tabajo-675x400
  5. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  6. kahun
  7. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
ページ上部へ戻る