予防接種の後は揉む? 揉まない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
75010c2ed7c16ba4bf9c4ce19c636cef_m

 予防接種の後は揉む? 揉まない?

今年もインフルエンザワクチンの季節となりました。
通常、インフルエンザワクチンは免疫がつくまでに数週間かかるため、流行が始まる10月〜12月前半頃までに接種するのがよいとされています。
働く世代にはあまり関係ありませんが、今年からは高齢者の肺炎球菌ワクチンが定期接種の仲間入りをしたため、大人になってから打つ注射がひとつ増えています。

インフルエンザワクチン=揉む!?

インフルエンザワクチンを接種するとよく聞かれるのが、「揉まなくていいの?」という質問です。
注射=揉むという感覚を持っている方も多いのではないでしょうか。

予防接種は皮下注射

インフルエンザを含む一般的な予防接種は、皮下注射といって皮下組織に薬液を注入する方法で行われています。
皮下注射の場合は皮膚の表面から見て比較的浅い部分に薬液を入れているため、強く揉むことによって中に入れた薬液が漏れてきたり、皮下出血を起こしたりすることがあるのです。
元々、ゆっくり吸収させるために皮下組織に注入しているため、揉んで早く吸収させる必要はありません。
ごくまれに、注入した薬液によってアナフィラキシーを起こすことがあります。
強く揉んで吸収を早めてしまうと、症状が強く出る危険性が……!

揉んだほうがいい注射は?

以前は風邪を引いて病院に行くと抗生物質や抗ヒスタミン剤、解熱剤の注射をお尻に打つことがありました。
これは筋肉注射であり、この注射をした後によく揉まないと「しこり」ができるということでよく揉むように指導されていたためです。
薬液の内容や注射の方法によって打った後にどうしたらよいかが変わってきます。
予防接種の場合は軽く押さえる程度、もしくは何もしなくても大丈夫!

また「注射の後はお風呂に入ってはいけない」という考えも未だに根付いているが、特に発熱などの症状がなければお風呂も入っていただいて構いません。

医療は日進月歩であり、今まで慣習的にしていたことが実は間違っていたということもしばしばあります。
もう接種した方もこれからの方も、ぜひご参考に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田中 祥子

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験を様々なかたちで皆様にお届けしたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  2. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  3. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  4. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  5. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. 180427_hashika
  3. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  4. 0119-kahunsyou
  5. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  6. mashin
  7. 170328
ページ上部へ戻る