産業医面談 その② <健康診断事後フォロー面談>

OZP73_kensakekkawosetumeisuru20140321500-thumb-900x600-4555

前回の『長時間労働面談』以外にも、産業医面談はあります。
今回は、健康診断受診後に要管理者に対して実施される面談についてです。

事業者は、従業員に定期健康診断を実施する義務があります。
定期健康診断は、ほとんどの企業で実施されていますが、健康診断で異常が認められた際には、事業者は従業員に対して適切な対応をする必要があります。

健康診断の結果で著しく健康状態が悪いく、就業に支障をきたす可能性がある従業員や治療や精密検査が必要な従業員に対して、産業医が面談を実施することがあります。
このような面談のことを、『健康診断事後フォロー面談』などと呼ぶことがあります。

 

健康診断事後フォロー面談が必要な従業員の例

・血圧が極めて高く、就業中に脳血管障害を発症する危険性がある従業員
・貧血所見が強く、就業中に倒れるなどの危険性がある従業員
・肝機能の値が高く、アルコール依存症の可能性が強く疑われる従業員
・心電図に異常所見があり、就業中に虚血性心疾患の発作を起こす可能性がある従業員
・血糖値が高く、車や機械の運転中に、高血糖性昏睡状態になる可能性がある従業員 など
このような健診結果が認められた従業員に対しては、安全配慮義務の観点から産業医面談を行う必要があります。

 

健康診断事後フォローの流れ

①健診結果を産業医に判定してもらう
②再検査・精密検査・要医療などの判定の中で、特にフォローが必要な従業員をピックアップしてもらう
③フォローが必要な従業員の中で、優先順位をつける
④産業医面談のスケジュールを調整し、従業員の面談を行う
⑤産業医面談の結果で、就業制限の有無を確認する
⑥就業制限に沿った、労務管理を行う

 

健康診断の結果を産業医に見てもらうのは、労働基準監督署に提出する『健康診断結果報告書』に著名・捺印をしてもらうためだけではありません。
大切なのは、健康診断の結果を基に、従業員が大きな健康障害に至らないように、適切な対応を行うことが重要です。

大久保 優子

大久保 優子株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

みんなが元気に働ける社会が目標です!
産業保健の魅力と大切さを伝える情報を、発信出来るように頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  2. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  3. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  4. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  5. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

一目置かれる健康知識

  1. mashin
  2. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  3. jiritu
  4. 1215-suiminbusoku1221
  5. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  6. kusuri
  7. tabajo-675x400
ページ上部へ戻る