楽しく忘年会を乗り切ろう!

ビール

忘年会シーズン到来!!
忘年会では、ワイワイと飲むうちについつい飲みすぎてしまうケースが多く、次の日に後悔する方も多いのではないだろうか?
お酒の席の注意点と上手なお酒の飲み方についてお伝えする。

お酒って怖い!これだけはしないように!!

① イッキ飲みやお酒の強要はしない。
12月は急性アルコール中毒の発生が一番多い。
特に20代前半はアルコールへの感受性が鈍いので、アルコールの血中濃度がかなり上がっているのに
それに気づきにくく更に飲もうとしてしまう傾向がある。
また、場の雰囲気にのまれやすいので、周囲の人の注意が必要である。

② 飲酒後の転落や交通事故が多い。帰り道は注意して!!

③ 翌朝の運転でも飲酒運転になる可能性あり!次の日に運転が必要な方は飲む量を調整しましょう。

④ 飲酒後の入浴・運動は避ける!
飲酒後の入浴は、湯船で寝ておぼれてしまったり、血圧の急激な変動により脳卒中のリスクが上がる。
お風呂は酔いが覚めてから入るかシャワーにしましょう。
飲酒後の運動は、かなり心臓へ負担がかかるので注意。

⑤ 迎え酒はアルコール依存症の初期症状。

上手なお酒の飲み方

① しゃべりながら、楽しく飲むのが基本。
② 必ず食べながら飲もう。
③ 強いお酒はうすめて飲む。また、合間に水やお茶を飲もう。
④ ゆっくり飲もう。
⑤ ちゃんぽんはやめよう。
ちゃんぽんは、薄いお酒から強いお酒に変わっていく傾向がある。
また。お酒の種類を変えることで、味が変わりおいしく感じて、ついつい飲みすぎてしまう。
⑥ しめのラーメンは肥満のもと。明らかにカロリーオーバー。
⑦ 時には、断る勇気を持とう!

アルコールは睡眠の質も低下させる。忘年会のない日は、休肝日としてゆっくり身体を休めましょう!!

鈴木 くるみ

鈴木 くるみ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の鈴木です。
気になる健康情報をお届けしていきます。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  2. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  3. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  4. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  5. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

  1. 171121
  2. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  3. jiritu
  4. 落ち込むビジネスマン
  5. AdobeStock_50156371
  6. ドライアイ
  7. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
ページ上部へ戻る