産業医を活用しよう。ケース①産業医の訪問時間が余ってしまう

a0008_001844_m

産業医選任の義務が生じ、先生にお越しいただく事になったけれども、

「先生にどんな業務をお願いすればよいのか」「うまく活用する方法はないか」

とお悩みの企業担当者の方も多いのではないだろうか。

 

筆者自身が実際にお会いした産業医の先生のお話や、各企業での対応方法などをもとに、

参考となる情報を提供していきたいと思う。

※「産業医を活用しよう」シリーズとして連載予定

ケース① 産業医の先生の訪問時間が余ってしまう

多くの企業から相談をいただくのが、このケース。

衛生委員会への出席や、職場巡視といった、法的な義務が生じる業務以外で

産業医を活用できていない。

「せっかく先生にお越し頂いているのに…」というお悩みをよく耳にする。

特に、過重労働面談者やメンタル不調者の少ない事業場から、こういった声が上がることが多い。

対策

このような場合、私からおすすめさせて頂いているのは、「従業員との全員面談の実施」という方法だ。

残業の多い人、体調の悪い人に限らず、産業医の先生との面談を実施してもらう。

規模的に全員となると実施が難しいという企業では、部署毎、グループ毎という括りでの対応でも構わない。

 

この面談を行うことでのメリットとしては

(1) 早期発見、予防につながる

まずはこの点。本人も気づいていないような不調のサインを

専門家である産業医からの視点で、見つけ出せる可能性がある。

(2) 産業医の存在が認識される

産業医の先生がどんな人なのか。一度顔を合わせることで、その確認がとれ、

従業員の方に何か悩みが生じた際に、相談に行きやすくなるという効果がある。

実際に実施したところ、面談以降、従業員の方からの産業医面談希望が増えたという企業もあった。

また、会社としての衛生管理への取り組みも周知され、会社全体で衛生管理に関する認識が向上したという報告もあった。

 

産業医の訪問時間に相談窓口を設けているが、面談希望者が集まらない…というお悩みをお持ちなら

是非一度、会社側から面談実施のアプローチをとってみてはいかがだろうか。

宮入 孝史

宮入 孝史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

  2. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  3. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  4. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  5. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

一目置かれる健康知識

  1. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  2. mashin
  3. 170328
  4. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  5. 0119-kahunsyou
  6. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  7. kusuri
ページ上部へ戻る