減量への第一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今の状態を知るということ

そろそろ、健康診断の結果が返ってきて一喜一憂する時期ではないだろうか?健康診断の事後措置や特定保健指導などで面談を行うと、自分の体重を知らない方が意外に多いのだ。漠然と、「昔よりも太ったな」「そろそろ痩せないといけない」と思っている人は多いのだが、きちんと現在◯Kgだと言える人は少ない。世の中には様々なダイエット法が溢れているが、何より大事にして欲しいのは「体重を測る」ことである。

何キロ増えたか分からないから乗るのが怖い!と思う人もいるかもしれない。単純に面倒だと思う人もいるだろう。しかし、減量というひとつの目標を達成するためには、現在の状態を知って可視化することが大切なのだ。

 記録の方法

理想は毎朝測定して体重を記録していくこと。折れ線グラフにするとさらに分かりやすいが、数字を書いていくだけでも良い。体脂肪やその他の項目も測ることができる体重計もあるが、やはり面倒なことは長続きしないので、単純に体重だけを書いていくのが一番続けやすくオススメだ。

記録から見えてくるもの

毎日体重を記録していく中で、自分自身の傾向をつかむことができる。例えば、昨日よりも体重が増えているとする。食べた量は多くないのになぜだろう?と考える。すると前日は夜遅い時間に食事していたことを思い出す。また、お酒も飲んだことを思い出す。他にも、女性なら月経の周期によっても体重が若干変動するため、痩せやすい時期・痩せにくい時期があることに気付いたりする。自分では◯◯すると痩せると思っていたのに、思っていたことと体重の推移が違うということもあるだろう。このように、自分の傾向を知ることで体の状態と向き合うことができる。体重を知らないと気にならないことでも、目で見ることで急に体重が気になり始めるものである。長期的に見ても、日々体重を測ることで少し増えた段階で「元に戻そう」という意識が働く。

忘れてしまっても前向きに

よくあるのが、頑張って記録をつけていたのに1度寝坊してしまい朝測るのを忘れてしまった。すると、1回2回できなかったことがきっかけでパタッとやめてしまうケースだ。それよりも、「時々忘れてしまうこともあるけど、まぁいいや。明日また測ろう」くらいの気持ちが長続きするコツだ。完璧を1ヶ月だけやるよりも7割くらいのことを1年間続ける方が効果的なのである。最近体重計に乗っていないなという方はぜひ、今日からでも実践してみてはいかがだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田中 祥子

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験を様々なかたちで皆様にお届けしたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 育児休暇中の従業員の健康診断

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る