過労死等防止対策推進法の施行

MAR85yousyohondana20130907500

過労死等防止対策推進法

平成26年10月14日の第186回国会において、「過労死等防止対策推進法」がようやく制定された。

これは平成20年11月から日本労働弁護団が「『過労死等防止基本法』の制定と長時間労働の規制強化を求める決議」を行い、過労死などを防止するための法律の制定をかねてから求められていたもので、6年越しの制定となった。また、この法律は、平成26年11月1日から施行される。

過労死等防止対策推進法の目的

近年、我が国において過労死等が多発し大きな社会問題となっている。
過労死等が、本人はもとより、その遺族又は家族のみならず社会にとっても大きな損失であることに鑑み、過労死等に関する調査研究等について定めることによって、過労死等の防止のための対策を推進し、もって過労死等がなく、仕事と生活を調和させ、健康で充実して働き続けることのできる社会の実現に寄与することを目的とされている。

※そもそも過労死とは?
業務における過重な負荷による脳血管疾患若しくは心臓疾患を原因とする死亡若しくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡又はこれらの脳血管疾患若しくは心臓疾患若しくは精神障害のことをさす。

具体的に何が書かれているのか

主に国や地方公共団体に対して次のような対策を講じるよう求められている。

・過労死等防止啓発月間
…11月を啓発月間として、啓発事業を行う。
・年次報告書を提出する
…政府は、毎年、国会に、我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況に関する報告書を提出しなければならないことを規定。
・過労死防止対策の「大綱」を策定する
・過労死に関する実態調査や情報収集を行う
・厚労省に遺族ら当事者を含む委員で構成される「過労死等防止対策推進協議会」を設置する

まとめ

この法律は、「過労死に関する実態調査や情報収集を行う」等といったように、「将来的にどうするか」「これからどうしていくべきか」という準備期間の意味がとても強いように感じた。
あくまでも「推進法」ということもあり、まだまだ賛否両論があるが私はこの法律のこれからに期待をしたい。

田野 優人

田野 優人株式会社ドクタートラスト 産業保健部 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

大学時代から産業保健に興味を持ち始め、日々勉強しております。
気になる情報を、若い世代の方にも分かりやすく丁寧に発信していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  2. o0800080012607003344

    産業医選任の届出には何が必要?

  3. sofa

    休養室にも設置義務があります!

  4. 170628%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

    産休や育休で有給休暇は減ってしまう?

  5. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

一目置かれる健康知識

  1. 170328
  2. kahun
  3. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  4. tabajo-675x400
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. 0119-kahunsyou
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る