過重労働解消キャンペーンについてご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

厚生労働省は、11月から1ヵ月間「過重労働解消キャンペーン」を実施する。
メインは過重労働などの撲滅に向けた監督指導無料の電話相談を受け付ける予定である。

過重労働解消キャンペーン

現在、週の労働時間が60時間以上の労働者の割合は依然として
高い水準で推移するなど、未だ長時間労働の実態が多くみられる。
また、過重労働による健康障害も増えており、脳・心臓疾患に係る
労災支給決定件数についても同様に高い水準で推移するなど、
最近では、割増賃金の不払に係る労働基準違反が後を絶たない状況である。

厚労省は、上記理由もあり長時間労働対策の強化が喫緊の課題となっていることから、
11月を過重労働解消キャンペーン期間と定めた。

<実施期間> 平成26年11月1日(土)から11月30日(日)
フリーダイヤルによる全国一斉の相談は、
平成26年11月1日(土)9:00~17:00のみ実施
「過重労働解消相談ダイヤル」0120-794-713

<相談内容> 過重労働等に関することや、賃金不払い等

※「過重労働解消相談ダイヤル」以外にも、相談や情報提供を受け付けている。
<窓 口> ■最寄りの都道府県労働局または労働基準監督署
労働条件相談ほっとライン
0120-811-610
(月・火・木・金17:00~22:00、土・日10:00~17:00)
■労働基準法等の問題がある事業場に関する情報提供
労働基準関係情報メール窓口

過重労働セミナーの開催

過重労働対策が必要なことは分かっていても、どのような対策を行えばよいのかが分からない企業の担当者も
多いのではないだろうか。
こちらのセミナーでは、労働基準法を中心とした知識の習得と実務上の改善対策案などに関して実際に取り組める
事例の紹介などを詳しく解説してくれるそうだ。

★平成26年度厚生労働省嘱託事業【過重労働解消のためのセミナー】
「過重労働を無くすために今できること」
http://xn--m1q29bzy1cu3zwygxjc.jp/
事業主、労務担当責任者等を対象に、全国8か所(北海道、宮城、東京、愛知、大阪、広島、香川、福岡)で
計 10 回、「過重労働解消のためのセミナー」が実施予定。

具体的な取り組み

・若者の「使い捨て」が疑われる企業等を監督指導
労働基準監督署、及びハローワークに寄せられた相談等を、
離職率が極端に高い企業等を把握し、監督指導の結果法違反の是正が図られない場合は、
是正が認められるまで、ハローワークにおける職業紹介の対象から外す。

・過重労働による、過労死等に係る労災請求が行われた事業場等を監督指導
1・時間外・休日労働が 36協定の範囲内であるかについて確認し、法違反が認められた場合は是正指導。
2・賃金不払残業の有無について確認し、法違反が認められた場合は是正指導。
3・不適切な労働時間管理については、労働時間を適正に把握するよう指導。
4・長時間労働者については、医師による面接指導等、健康確保措置が確実に講じられるよう指導。

・書類送検
重大・悪質な違反が確認された場合や、指導を行った結果改善が見られない場合は、
送検し公表する厳しい処分となる。

詳しくはこちらをご覧ください。
厚生労働省ホームページ
過重労働解消キャンペーンリーフレット

今回のキャンペーンにおいては、
あくまで労働者自らが電話をし相談をすることが改善に繋がると考えられる。
その為、現在悩んでいる人は勇気をもって、大いに活用をして欲しいと思う。
こういったキャンペーンが今後も定期的に行われ、
職場の労働環境を見直すきっかけ作りや、過重労働や賃金不払いがなくなる社会になることを願う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
藤吉 圭介

藤吉 圭介株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

社員の皆様が健康で元気に働けるよう毎日全力で頑張っていきます。
色んな事を吸収しながら元気に頑張っていきますので、よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  2. 受診勧奨ってどうするの?

  3. 業務委託契約の安全配慮義務

  4. 選んでますか? 衛生推進者

  5. 業務委託契約でも労災は適用される?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る