過労死等防止対策推進シンポジウム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

厚生労働省は、本年6月に公布した「過労死等防止対策推進法」について、
国民に広く周知を図る為のシンポジウムの開催を決定した。

※厚生労働省によるリーフレットはこちら
※「過労死等防止対策推進法」については、こちら

過労死等防止対策推進シンポジウム

本シンポジウムの開催要項は、下記の通りである。

開催日時:11月14日(金)13:30~15:30(開場 13:00)
会場:厚生労働省講堂(東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館低層棟2階)
募集定員:400名程度
※入場無料、応募はメールもしくはFAX、はがきにて可能。

内容としては、本法律の成立に大きく貢献した、過労死弁護団全国連絡会の川人弁護士による講演と
全国過労死を考える家族の会による体験談の話が予定されている。

過労死等防止対策推進法では、11月を「過労死等防止啓発期間」としており、
今回のシンポジウムは施行後を見越した開催というところだろう。

シンポジウムと今後の動向

先日の記事でもお伝えした通り、今回の法律では過労死を防止する為の具体的な行動には一切触れられていない。
国民や事業主、地方公共団体に如何に効果的な啓発を行うことが出来るかが焦点となる。
今回のシンポジウムは、参加費が無料かつ、広く一般から募集を行っており、
開催の模様は、厚生労働省ホームページ等で公開される予定であるなど、今後の試金石となり得るだろう。

シンポジウム後の本法律にかかる今後の動向に注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
長谷川 隼人

長谷川 隼人株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

産業保健分野に関する情報を素早く正確にお伝えできるよう、頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る