メンタル不調での休職、42%退職の実態。

21c13755feef743ce7ba61e919ece141_m

メンタル不調での休職

独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が、
うつ病等のメンタルへルス不調で会社を休職した従業員の休職期間中や、復職後に退職しているとの調査結果をまとめた。

メンタルヘルス・がん・糖尿病・脳疾患などの病気によって、休職制度を利用した従業員の退職率は、
過去3年間で全疾病平均が37.8%。
メンタルヘルス不調を原因とする退職率はそれをさらに4.5ポイント上回った。

調査結果から

調査結果からはその他、以下のような実態も読み取ることが出来る。
・休職期間の上限が短い企業ほど退職率が高くなる傾向
・産業医面談などのフォローの実施が無い企業の退職率が、
実施企業と比べ高い

やはり企業の支援体制が、
従業員の退職に大きく影響することがわかる。

宮入 孝史

宮入 孝史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  2. taimingu

    人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

  3. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  4. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  5. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

一目置かれる健康知識

  1. 170328
  2. 0119-kahunsyou
  3. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  4. 1215-suiminbusoku1221
  5. kahun
  6. jiritu
  7. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
ページ上部へ戻る