高年齢労働者に配慮した職場作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

高齢化社会の労働環境

近年、日本は高齢化社会の一途を辿っているが、その影響は労働の現場にも及んでいる。
雇用労働者のうち50歳以上の高年齢労働者の占める割合は、約3割と言われている。

高年齢労働者の増加に際し、厚生労働省では高年齢労働者に配慮した職場のマニュアルを作成している。
(「高年齢労働者に配慮した職場改善マニュアル~チェックリストと職場改善事項~)

このマニュアルには、チェックリストと職場改善事項が記載されている。

チェックリストの活用

まずはチェックリストで、自身の職場の状況を把握することが大事だ。
次に、チェック結果を踏まえて、職場の改善方法を職場全員で考えよう。

高年齢労働者に配慮した職場改善事項としては、以下の項目が挙げられる。

・若年労働者と協働できるような相互の理解
・安全性を確保するために、注意集中を要する作業は短時間とすること
・作業スピード、ペースへの配慮
・事故防止への配慮

実際の業務中の改善点だが、これ以外にも、職場環境や健康に関する点等、気をつけるべき点は多岐に渡る。
企業側がこうした働きかけをしない限り、高年齢労働者が働きやすい環境は生まれることはない。

また、今回取り上げたマニュアル等を活かし、高年齢労働者の労働災害を防ぐことも、企業にとっては大変重要なことだ。

高年齢労働者は、作業のスピードは若年者に劣るかもしれない。
しかし、経験や知識量などは若年者を大きく上回る。
企業にとっては、両世代をうまく融合し協働させることが、業務効率の上昇や快適な職場作りのために大切なことである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
長谷川 隼人

長谷川 隼人株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

産業保健分野に関する情報を、
素早く正確にお伝え出来るよう、頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 時短勤務でも社保険に加入できる!平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します

  2. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  3. 「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  4. 派遣労働者の健康診断 良くある質問集

  5. 定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る