過重労働が原因で離職

e8abb9621447992a26379bb6262f8d16_m

失業給付要件緩和

厚生労働省は、過重労働が原因で離職した人への
失業給付の加算について、
2014年度から支給要件を緩和する方針を固めた。
働き過ぎによる心身の疲れを理由に離職を申し出た人は、
倒産やリストラによる離職者と同様の「特定受給資格者」として、
失業給付の期間が大幅に延長や、
通常は給付を受けられない雇用保険の加入期間が
1年未満の場合でも、90日間の給付を受けられる。

特定受給資格者となるには

「離職前の残業時間が3か月連続で45時間を超えること」
が前提であったが、離職前の1か月間は、業務の片付けや引き継ぎなどで
勤務時間を減らしていく人も多く、対象外となってしまう問題が生じていた。
今後は、そういったことも配慮し、
離職直前に長時間の残業をしていなくても受給資格を認める方向である。

吉村 麻衣

吉村 麻衣株式会社ドクタートラスト 産業保健部 課長

投稿者プロフィール

為になる!得をする!現場の情報を含めお送りしていきます。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  2. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  3. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  4. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  5. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

  1. 171121
  2. AdobeStock_50156371
  3. jiritu
  4. tabajo-675x400
  5. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  6. nyuugann
  7. ドライアイ
ページ上部へ戻る