栄養ドリンクの効果的な飲み方

落ち込むビジネスマン

働く世代に欠かせない栄養ドリンク

30代から50代を対象に行ったアンケート結果では、栄養ドリンクを飲むことがある人は全体の6割。
特に、40代は64%が定期的、または必要と感じた時に栄養ドリンクを飲んでいるという結果が出ている。

栄養ドリンクを飲む理由としては、77%が『疲労回復』を挙げている。
それ以外には、「栄養補給(47%)」、「風邪をひいたとき(44%)」と続いている。
また、30代では「気合を入れたいとき」とする回答も27%あったという。

栄養ドリンクでなぜ疲れが取れる?

栄養ドリンクに含まれる様々な成分の中でも、代表的なものを挙げてみよう。

1.ビタミンB1
糖質をいち早くエネルギーに変え、疲労感を取り、脳を活性化させる。

2.カフェイン
栄養ドリンクには、ほとんどのものに無水カフェインが含まれている。
(最近では、ノンカフェインの種類も販売されている。)
カフェインには眠気を取るなどの覚醒作用があるため、疲れて眠い時などに効果的である。

3.糖類
栄養ドリンクには、意外と糖分が多く含まれている。
この糖分によって血糖値が一気に上がり、一時的な疲労回復(覚醒)が期待できる。

このように、栄養ドリンクの成分には、ビタミンなど疲労そのものに作用する成分と、
カフェインや糖類など、一時的な覚醒作用を持つ成分とが含まれている。

栄養ドリンク、効果的な飲み方は?

それでは、栄養ドリンクをいつ飲めば一番効果的なのだろうか?

上に挙げた栄養ドリンクの成分を見ても、特に糖類やカフェインの効果が最大限に発揮されるのは、
やはり疲労回復を図りたい時間の直前ということになる。
「気合を入れたい時」に飲むならば、予定時刻の30分~1時間程度前が良いだろう。

また、栄養ドリンクの成分を効率よく吸収するために、出来れば食後に飲むと良い。

一時的な疲労回復の側面も

しかし、疲労回復を栄養ドリンクだけに頼るのはやはり危険だ。
先に述べたように、糖類やカフェインによる疲労回復(感)は、あくまで一時的なものである。
栄養ドリンクを連日飲んで無理をしてしまうと、疲労が蓄積し、血糖値が下がったりカフェインの効果が薄れた時にどっと疲労感を感じてしまうようになる。

栄養ドリンクを必要とするほど疲労を感じている時は、充分な睡眠や軽い運動、栄養バランスの良い食事などが欠かせない。
忙しくて無理!というビジネスマンは、ビタミンBのサプリメントなどを継続して服用するのも良い。
また、女性は慢性的な鉄分不足で疲労感が取れない場合もあるので、鉄分の多い食事やサプリメントの服用も効果的である。

手軽に仕事効率を高めてくれる栄養ドリンク。その成分や特徴をきちんと把握し、上手に取りいれていきたい。

中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。
社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  2. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  3. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  4. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

一目置かれる健康知識

  1. AdobeStock_50156371
  2. 疲れ目のサイン
  3. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  4. tabajo-675x400
  5. jiritu
  6. manindensya
  7. 落ち込むビジネスマン
ページ上部へ戻る