かかりつけ医を見つけよう!

o0640042712476741819

みなさんは、かかりつけ医がいるだろうか?
日本でもかかりつけ医制度を定着させていきたいが、なかなか進んでいないのが現状と思われる。
自分に合ったクリニック・病院を見つけるのは本当に難しい。実際、私もまだ見つけられていない。
今回は、上手なかかりつけ医の見つけ方を探そうと思う。

かかりつけ医とは?

『なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、
身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師』
と定義されている。(2013年8月8日 日本医師会・四病院団体協議会より)

簡単にいうと、自分の健康について気軽に相談でき、必要な時は専門の病院を紹介してくれ、
また予防や生活習慣の改善などにも相談にのってくれる医師のことである。

このようなかかりつけ医がいれば心強いが、どのクリニックを選べばいいかは難しいところである。

選ぶポイント

1. 通いやすい(交通の便がよく、家から近い)
2. 近所の人の口コミがいい
3. クリニックが自分の通える時間である(例)土曜日や平日19時までなど。
4. クリニックの看板に注目
『内科・外科・皮膚科』とかかれている場合、医師が一人の場合はすべての専門ではない。
最初に書いてある「内科」が専門のケースが多いが、実際は「外科や皮膚科」が専門だが患者さんを呼びたいために「内科」を一番にしている場合もある。
HPの医師紹介を見て何が専門かを知ることがまず大切だろう。
あるいは、診察の際に「先生のご専門は何ですか?」と聞いてみよう。
5. 医師との相性
人には相性がある、優しく丁寧な説明好む人もいれば、ビシッと端的に言われたい人もいるだろう。
実際に話してみてこの医師なら長く付き合っていけるかを見極めよう。
6. 診察時に医師の向きに注目
最近、電子カルテの普及もあり、患者さんをチラッと見るだけでPCに向きっぱなしの医師がいる。
きちんと目をみて話しているかチェックしよう。
7.健診結果などの相談にのってくれる
例)脂質などの検査結果が少し基準値からずれているだけで、すぐに薬を出すクリニックは注意が必要かもしれない。
8.待ち時間が適性である

結局のところ外からでは分からないので、受診して探すのがいいだろう。
健診結果で、再検査や気になるところがあった方は、かかりつけ医を探すいい機会ではないだろうか。

参考資料 https://www.tokyo.med.or.jp/counseling/primary_care/
東京都医師会 かかりつけ医の見つけ方

鈴木 くるみ

鈴木 くるみ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の鈴木です。
気になる健康情報をお届けしていきます。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  2. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  3. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  4. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  5. ihou

    職場の救急箱未設置は違法?!職場の安全配慮義務について

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. 1215-suiminbusoku1221
  4. kahun
  5. mashin
  6. kusuri
  7. 0119-kahunsyou
ページ上部へ戻る